フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« なんなんだよ~ | トップページ | ハニーがゴオオオ~ルウ♪ »

2008年2月21日 (木)

やめろと言われても...

分かっちゃいるのにやめられないのはすでに中毒の域。

ガンバがLAギャラクシー相手にパンパシでまず一勝~♪
良かった(^o^)昨日の日本代表のモヤモヤを吹き飛ばしてくれましたわ!(ミチ、大丈夫(;-;)?)

それにしてもこの東アジア選手権、同時開催なのに女子の方は試合放送どころか全然報道の扱いが少ないってはどおよ?そういえばハンドボールもイランで世界選手権アジア予選を戦っている様子。こっちもこないだのやりなおし五輪予選とちがって扱いは至って少ないよね。一勝一敗一引き分けでまだまだ可能性は残っているそうだから頑張って欲しい。

さてお話戻ってパンパシ。連休でもないこんな時期の開催、それでも大阪から数名サポも応援に行ったそう。
でね、試合後応援席へガンバの選手が挨拶に行ったあと、ベッカム様がやってきてサポに拍手を送ったんだって!やあ~ん、やっぱりサッカーの母国の貴公子はステキ☆
こういうの聞くといいなあ、羨ましいなあって思うのよ。
少人数応援の醍醐味、喜び、ご褒美。

そもそも長年お茶の間観戦専門だったあたしが見てるだけでなく応援したいなあって思ったきっかけは日韓大会の時、当時住んでいた長野でパラグアイ代表がキャンプしててね、浦和との練習試合を見に行ったときだったの。
もちろんTMとはいえ浦和からはたくさんのサポの皆さんが来て統制の取れた応援を繰り広げてたんだけど、あたしが感銘を受けたのはパラグアイ応援席。
みんなてんでバラバラの声援、服装なんだけどやたら楽しそう。試合の間も適当なコールで全然そろってないしヤジも飛ばしまくりなんだけどとにかく楽しそう。
(いいなあ。だまって観戦してるよりよっぽど面白そう。)って思った。

でもってゴール裏デビューは地域リーグ。
あたしね、ガンバはいつもSB席よ。座ってまったり観戦しながら手拍子合わせるくらい。
だけど地域はそうはいきません!あたしね、少ない人数で一生懸命応援してる人達見てると黙ってられないの。手伝わなきゃ!って思うの。
それに人数少ない方が自由があるしね。あたし、何よりも自由を愛するラテン気質だから。
ってなわけで、クリスの応援の原点はパラグアイです。
(にしてもロケ・サンタクルスは男前やったあ~。初生観戦がサンタクルスよ?そりゃあ、ちょっとやそっとのイケメンじゃあ満足できないってのもおわかりいただけるでしょ?)

そういやあこないだ加古陸に観戦に行って、試合会場が雪で埋め尽くされてたのね。
で、ピッチを雪かきしていた社長に「こんなに汗だくになって雪かいた後に試合なんて選手もたいへんですね。」って声かけたら、
「全く羨ましい」って笑ってたの。
この人ね、年末のセレクションが酷い雨風の中行われたときも「こんな酷い天気でもサッカーやれてあいつ等が羨ましい」って言ってました。
冗談かもしれないけど、でも「この人本当にサッカー好きなんだな」って思いました。

No9あたしもね、サポ仲間が自分の行けなかった試合のレポートをしてくれて、
「遠くてたいへんだった」「雨がザザ降りでたいへんだった」「車中泊がたいへんだった」「ひとりしかいなくてたいへんだった」「厳しい試合でたいへんだった」「ラフプレーが多くてたいへんだった」「声枯れ続出でたいへんだった」「試合の後選手が挨拶してくれて嬉しかった」
なんて話をされるともう、羨ましくって、羨ましくって仕方がない。
試合やアウェー環境が過酷であればあるほど羨ましい。
バカだなあと自分でも思うけど、それがサポ魂というものなのでしょう。

先日引っ越し業者が来てスケジュールが決定した。
いよいよ引っ越し一直線だ。
21回目の引っ越し。もう「天職」といっても過言ではないか。
でも応援と違って好きでやってるわけじゃない。出来ればやりたくない。
このところ子供の看病やお兄ちゃんの入寮準備、仕事の片付けや家の片付けでバタバタしているうちにどんどん日が過ぎていく。
(サッカー見たいな。絵を描きたいな。)
そう、この2つがあたしの中毒。一番やりたいこと。やめられないこと。

もうすぐ大好きな仲間ともお別れ。
そしてまた、新しい出会いと再会もあるんだろうな。

« なんなんだよ~ | トップページ | ハニーがゴオオオ~ルウ♪ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40208769

この記事へのトラックバック一覧です: やめろと言われても...:

« なんなんだよ~ | トップページ | ハニーがゴオオオ~ルウ♪ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ