フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« さよなら天使ちゃん | トップページ | 刈谷に帰りたかった »

2008年2月14日 (木)

My Funny Valentine

謝るにしろケンカするにしろ、出向いていって直接話すのが一番の解決法だと思っている。
話せば分かる、と思っている根っからのお人好し。
人の悪口は本人の目の前で言う。陰口は嫌いだ。
だから出向かない限り、自分が不利になっても行かなかった自分が悪いとも思う。
行動こそが正義。赤井英和も言ってたよ「力のない正義は無意味だ」ってさ。

昔イラン人の友達がいた。
アメリカに行って最初に声をかけてくれた子。
イラン革命で資産家の父親につれられアメリカに亡命していた。
でも悲しいかな両国関係は最悪。モハメドはいつもアメリカ人にいじめられていた。
あたしは何も出来なかった。英語が喋れなくて、止めることも出来なかった。
友情の無力さに打ちのめされた。弱い自分が大嫌いだった。
強くなりたいと思った。理論武装して友達を守りたいと思った。
でもお互い英語が流ちょうに喋れるようになって再会したときモハメドは言ってくれた。
「クリスはボクの知っている中で最高にクレイジーな東洋人だ。いつも面白いことを言って、いつも突拍子もないことをやって、ボクを楽しい気分にしてくれた。友達になってくれて嬉しかった。」
強くなくても闘える武器を手に入れていたことを知った。「お笑い」だ。

男でも女でも、仲良くなりたいと思ったらまず相手を笑かそうとするようになった。
関西人の悲しい性かもしれない。
なぜかひとつところにとどまれない運命なので、何処へ行っても「日本代表」であり「関西代表」。だから相手に対してあたしが背負ってる場所の悪い印象を持ってもらいたくないという妙な使命感があるのかもしれない。逆に遠くの町や国から来てがんばっている人は無条件に応援したくなる。自分がいつもそうだし、自分もいろんな人に親切にしてもらってきたから、その人達にもこの町やこの国に来て良かったなと思ってもらいたいと感じる。

だからどんどん声をかける。はりきって笑かす。手強い相手ほど燃える。(ぜってえ笑かしたる!)ってね☆
中国人もタイ人もミャンマー人もみんな良く笑ってくれる。だから好き。
中国は嫌いになれない。あんなに美味しいものがある国だよ!?
(ああ、あれだけ素敵に中華鍋振れるんだからきっとあたしのことも上手に料理してくれるわ)なんて思っちゃう。
あ、ここでクリス行きつけのタイ料理のお店を紹介しましょう。もう、引っ越していけなくなっちゃうから今までのお礼も込めて宣伝だ:
「Basil-バジル-」
加古川市加古川町備後61-1メゾンソレイユIII103
TEL: 079-456-1805 (水曜定休)
バイパス加古川ランプを降りて南下約1.5km明姫幹線手前左側・店頭のバタンコが目印
クリスのお薦めは生春巻きだよ!あとやっぱりカレーは捨てがたいね。
タイ・グルメの本場、東北部からシェフを招いて本格料理を提供しています!アシスタントの子もみんな若くって、店内はタイのロックやポップスが流れております。他にやってる人は見ないけど、クリスはいつも辛さを調節してもらったり(合い言葉は「手加減抜きで!」)お土産をテイクアウトさせてもらったりしているよ☆

Kiss日本の男を笑かすのは難しい
まあ関西人だと(オレの方がもっとオモロイ)と対抗心が燃えるのかもしれんが、お笑いに落ち着けるからまだ良い。
東男はすぐ本気にするから困る。シャレやって、シャレ...

SHARE ローマ字に置き換えると「分かち合う」か。
笑顔が分かち合えるのがお笑いか。良いこと言うじゃん、自分。

大好きな人の笑顔を見るために、どこへでも駆けつける。
大切に人を守るために、お笑いの重装備。どこからでもかかってきやがれ!
チョコレートだってなんだって良い - あたしがあげたものをあなたが口に含んでニッコリする。
なんてセクシー♪

« さよなら天使ちゃん | トップページ | 刈谷に帰りたかった »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40120443

この記事へのトラックバック一覧です: My Funny Valentine:

« さよなら天使ちゃん | トップページ | 刈谷に帰りたかった »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ