フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 初泳ぎ | トップページ | あんまりあなたが好きなので »

2008年1月18日 (金)

解き放て!

今夜はおうちタパス♪
あたしって2002年からスペイン語のお勉強してんの。スペイン語圏の友人が多いので彼らの言語を知って、できればスペイン語で会話できればなあ、なんて思ってね。
さっぱり頭に入ってこないんだけど、とりあえず毎週NHK見てます。
解き放て!で、お料理の紹介なんかもあるんでレシピを覚えては作ってみたりします。本日はたこのガリシア風に舞茸のトルティージャ、鰯のチーズ揚げと枝豆の春巻き、ひよこ豆のサラダとバタールに白ワイン。(映ってないけど、残っていたパエージャもお付けしました。パエージャはコスタリカ出身の友人に教えてもらったレシピで、シーフードではなくチキンと野菜で作ります。)

好きよ、スペイン。連れてけ、エスパーニャ。
お陰様で「スペイン・サッカー」にまつわるコラムの挿絵を担当させていただいております。
好きでやっていることが、何年か後に仕事に役立ったりするなんて、本当に人生何も無駄なことってないんだナアって思います。
3回連載の予定でしたが、「サッカー批評」掲載の小宮良之さん執筆によるこのコラム、3月発売予定のvol.38でも掲載されることになり、引き続き挿絵をということで先日編集部よりオファーを頂きました。
ということで現在制作進行中です。どうか楽しみに待っていて下さい。

そんなこんなで気分はすっかり情熱のエスパニョーラなわけですが...
今年のテーマを決めました。
「解き放て!  -  Let go!」でございます。
2003年に父を亡くしてから、その年のテーマを決めて目的意識を持って日々を過ごそうと努めております。

'04  Be Myself  - あるがまま
   前年がかなり肩に力が入ったものだったのでこのテーマを掲げました。「自分を取り戻そう。自然体になろう。好きなことを突き詰めよう。」という感じです。鈴木隆行選手が好調だったり、アテネ五輪で競泳陣が結果を出したりで、制作も快調でした。

'05 Close to You  - もっと関わっていこう
   前年が保守的だったのでもっと色々なことに関わっていこうとこのテーマを掲げました。ただこの年転居することになり、結果として遠征が増えたり、新天地で人脈が広がったりということになりました。

'06 Open Heart - 殻を破ろう
   前年が全般的にバタバタしていたのでじっくり自分の絵と向き合い、制作に取り組もうと思いました。なかなか答えは出なかったのですが、この年にしっかりしゃがみ込んだことで、翌年の跳躍に繋がったのではないかと思います。

'07 No Border  -  自分を越える
   この年についてはすでに昨年最後のブログに書いたのであえてふりかえりません。でも本当に、ボーダーラインを飛び越えていった一年でした。

で、今年ですよ。すでに引っ越して関東に戻ることは決まっています。
「Let Go  -  解き放て!」
去年一年の飛躍や出会い、一期一会に感謝しながらもっと表現していきたいと思います。
人間生きるのも一回、死ぬのも一回。
文句を言ったり不幸になっている時間はもう、あたしには残されていない。
生きる喜びを、描く楽しさを、サッカーの素晴らしさを、心と躰をふりしぼって伝えたい!

不肖クリス、今年も精進します。応援して下さい。本気です。

« 初泳ぎ | トップページ | あんまりあなたが好きなので »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

mixi で隆行の情報流してくれた、県リーグの子がいます。隆行が自主レンしているそうな。
本人の許可もらったからしゃーない貼り付け行くぜ~笑

<どうも今年始めまして!!


では早速本題へ

俺、
社会人県1部リーグ所属。
創部1年目にしてリーグ優勝。


そんな俺のチームに今、
2002Wーcup日本代表 鈴木隆行が練習に来ている

今年横浜Fマリノスを退団し次の移籍先が決まるまでの間、コンディション調整も兼ねて
一緒に練習してくれているのだ!


そう
あの2002年のW-cup
あの高校時代部活中に見ていた試合。
ピッチに立っていた人と一緒にプレイできるなんて!!

ではなぜ
こんな県リーグなんかのチームに鈴木選手がいるのか!!?


それは
こちらも有名人、
レッズや鹿島に所属、1998年には
トルシエJAPAN日本代表候補にも選ばれた
阿部敏之選手が
現在は
コーチとしてサッカーを教えてくれているからだ


そう鈴木選手とは元チームメイト!

そんな二人と写メ撮ってもらいました
写真はフォトにアップしてあります


かなり流してる動きとはいえ、はっきり言って
     上手いです!!!

俺は初めて
『考えて動く』とはこうゆうのもかと思いました。

日本代表レベルの凄さを1番に感じたプレイを今日は話します。

~状況~

相手からボールを取った左サイドバック
GKの俺がバックパスを要求
当然手を使えないので足で逆サイドにパスしようとしていた俺

~俺の考え~

左サイドバックがボールを奪ったとき、
鈴木選手がその左サイドバックに食いついてきたので
俺は自分がもらって、逆サイドに裁いたほうが良いと思った。

実際
バックパスを要求、俺はしっかりと逆サイドの見方を確認し、
尚且つ鈴木選手もバックパスのボールに食いついてくるものだと思っていた

そこで俺が逆サイドに裁けば危険回避出来るのではないかと
考えていた!!

~日本代表レベルの動き~

俺が今まで対戦してきたアマチュアレベルや学生のときに戦ったプロのFWであれば
普通GKへとバックパスされたボールにそのまま食いついてしまうものだが
鈴木選手は違った


俺にバックパスが渡った瞬間に俺に食いつくのではなく
俺が裁こうとしていたコースに
すばやく入り込んできたのだ。

         凄いと思った

確かにFWがGKからボールを奪えれるのが1番だか
現実はそう簡単ではない、
だからこそ
奪うのではなく、
GKに裁かせない、自分がコースを切って
後ろの見方が守りやすくしていたのだ

代表レベル恐るべし・・・


このへたくそな説明で
この凄さ伝わってるかな

でも紅白戦が終わり
俺が鈴木選手に
「マジであれは
 上手すぎっすよほんとテンパリました」

そう言うと
鈴木選手は
飲んでいたペットボトルを俺の顔に寄せてイケメンスマイル

恐るべしイケメン!!
それにキッチリ得点もされました


帰りに
「お疲れ様です」と声をかけると

「また来週!!」

で、どこのクラブかというと阿部敏之(隆行の友人が今コーチしている)さんですわ。

http://ameblo.jp/aventura-blog/entry-10055224419.html

もう関東に行ったら応援する?笑
そう簡単には行きませんか。

なかなか正式発表が出ないと思ったら「彩の国」で調整ですか。イケメン、恐るべし!(^-^;)
ほう、ほう、県リーグ一部優勝ってことは今年はこのチーム、関東リーグ二部でやるのかな?だったら見に行くのはやぶさかでない(^-^)アベトシって結構好きだったなあ。プロ、辞めちゃったんだ。タカユキとは鹿嶋から一緒にブラジルに行った仲なんだよね?そっか~、地域にいるんだ。
地域は結局今年もバンディを応援することになったし、まあ、観戦に行くくらいですかね、関東リーグは。(とかって「アベトシに貢ぎまくっているゴール裏女がいる」と噂が立ったらそれはあたしです!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/17740552

この記事へのトラックバック一覧です: 解き放て!:

« 初泳ぎ | トップページ | あんまりあなたが好きなので »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ