フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 描き初め - We'll be together | トップページ | 初泳ぎ »

2008年1月14日 (月)

若者殺しのこの国で

たいへん、たいへん、クリスティアーノがハット・トリックよお~♪
やあああ~ん☆

Crってなわけであたしもクリスティアーノ三連発よおおお~!

Jump顔良し、身体良し、技術良し!神様のえこひいき~!!これで22歳だなんて、これからホントにどうなっちゃうのおおお!?

Christianoもうどうにでもなっちゃえええ~(^o^)/
24歳まで待てない!!ステキよ、ラヴァー・ボーイ☆愛してるう~♪

って、違うだろ、今日は高校サッカーだろ!?

でもう、藤枝東応援してたから最後まで見れなかったの。
もう、今年はダメだね。負けそうになったら最後まで見られない。
どんな試合も最後まで付き合う、って信条だったはずなのに、高校生が負けるのを見ていられない。可哀想でたまらない。年取ったかなあ?
あと、ひっくり返してくれるかもって感じがしないのね。
最近の若い子はいったん切れるとあれよあれよという間に負けてしまう。
だから(ああ、もう、勘弁してあげて!)って雰囲気になっちまう。
負けてうなだれている子供を見るのは忍びない。

失敗は誰にでもある。
きみらは自分が許せないのだろう。
でも、大人になったら分かる。
きみらはすでに、許されているのだ。
きみらは最初から、愛されているのだ。
だから恐れることなく球を蹴れ。
怖れを知らぬ若者をこそ、我々大人は見たいのだ。

二十歳を迎える君達。
あたしだって昔からおとなだったわけじゃない。
まあ昔ッから、こどもらしかったわけでも、女らしかったわけでも、若者らしかったわけでもないけれど。
でも、この年になって分かることは周りが見えてきたってこと。
二十歳の頃は本当に、自分のことでいっぱいいっぱい。周りなんか見えやしない。
それでも許してもらってきた。
回りに見守られてなんとかここまで来た。
だから少しは頼りにしてくれ。
気がついたらもう、きみらを受けとめるサイドに立っている。
頼りにならないかもしれないけどさ、あたしだって一度は若者だったんだ。
君達を迎えるに値する、素晴らしい世界を用意してあげられなくて申し訳ないんだけどさ、それでも一生懸命やってきたんだ。
大人になりたくないなんて言わないでさ、こっちへおいでよ。
仲間にお入り。
人生は楽しまなきゃね。

こんなはずじゃなかったと、騙されたと思ってるだろうか?
あたしは思っていたよ、きみらのころは。
失われたあたしの二十代。
でも世の中のせいにしたって、時代のせいにしたって、だれも報いてはくれない。
だからあたしは決めたんだ、自分の人生を生きようと。
夢を本気で追いかけたことのない奴に、夢を忘れるなとか言われたくない。
忘れたくても忘れられない、あきらめきれない辛さが分かるか?
夢を求め続けるしんどさを経験したことのない奴に、夢をあきらめるなとかいわれたくない。
先の見えない暗闇を、身に炎を灯しながら進まなければならないんだ。
でも大人になってこうも思う。
夢を追えなかった人の無念を、夢を見つけられなかった人の虚しさを、あたしは所詮理解できない。
心に情熱をもてたことを幸せに思おう。
人に夢を託してもらえるなんて、人を感動させるなんて、そうそう出来ることじゃない。
若者殺しのこの国で、まっすぐ育つことの難しさよ。
あたしは押しつぶされたか?あたしは奪われたか?あたしは折れてしまったか?
いや、そんなものではない。
辞めたくても辞められない。中毒なんてもんじゃない。
悪い女にとっつかまったみたいに、未練たらしく追いすがる。
もう、いやだ。こんな辛い思いまでしてなぜ描くのだ?この役立たず!!
でも...気がついたら描いている。描かずにはいられない。
情熱とはそういうものだ。

大人になろうとしている若者達よ。
何度でも言おう。きみたちはすでに、許されている。
恐れず挑戦しろ。
君達は美しい。

« 描き初め - We'll be together | トップページ | 初泳ぎ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/17696948

この記事へのトラックバック一覧です: 若者殺しのこの国で:

« 描き初め - We'll be together | トップページ | 初泳ぎ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ