フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 氷雨 | トップページ | When the night falls »

2008年1月22日 (火)

大寒

久しぶりに我がホームタウンを訪れる。
駅に近づくとチョコレートの匂いがする懐かしい北摂の町。
一年半ぶりに集まったのは6人の年増女。
中学3年のクラスメイト。
大寒「絵、できたよ~♪」
「ありがとう~!うわあ、シジ絶対喜ぶし~。」
そのうちの一人が「シジが恋人」のKだ。彼女とは小学校の5,6年も同じクラスだった。
当時から学年一の美人だったが今でもとても綺麗だ。
「それでね、あたし知り合いのサッカー関係者にたまちゃん(クリスの中学時代のニックネーム)の画集配ろうと思ってるねん。今日持ってきたからサインして~」
急遽ミニ・サイン会。一度に2つ以上サインしたの初めてだ。

「なんや悪いなあ。こんなに買ってもらって。」
「ええのよ。色々心使いしてもらったんはこっちの方やし」
「ありがとう。で、Kはこれからは京都に通うの?」
本日4年間ガンバに在籍したシジクレイ選手が京都に移籍することが正式に発表された。
「もちろん!せやけど万博にも通うよ。ガンバも大好きやから!」
「ええなあ~。ここやったら万博も新京極もちかいもんなあ~。」
「たまちゃんこそ日本中をまたにかけて社会人もりあげてるんやろう?宿泊無しの弾丸遠征とかすごいやん。あたしはようやらんわ。」
「あほやから。」
「でもそれがこんな絵になるんやから。あたしも絵が描けたら○○(亡くなった甥っ子)がサッカーしてるところ描いてやりたかったわ。」
「○○くん、いくつやったん?」
「11歳...」
車椅子から立ち上がることなく、ほんの11年で人生を閉じたサッカー好きな美少年。大好きなヒーローと最後の一年に交流を持つことが出来、大好きなチームのフラッグに包まれて出棺された柔らかな魂。
「シジに渡すまで、この絵は○○の祭壇に飾らせてもらうわね。」
「...」

昼間ッから大騒ぎなおばさん6人組。
確かに町はすっかり変わってしまった。
駅は建て直され、町は再開発され、古い商店街は様変わり。
でもあたしたちはまるでなにも時間が過ぎていなかったかのようにしゃべり続ける。

でもやはり、時は移ろっているのだ。
話題は病気や子供の教育や親の介護や失業へと移っていく。
6人6様。
孫がいる者。更年期に悩まされている者。夫を失った者。仕事を失った者。独身の者。

「家決まったん?」
「まだ。物件見てる段階。」
「応援してるチームか選手に合わせて決めたらええやん!」
「あほかいな。そうもいかんて!」
「今度はいつ会えるんかなあ?」
「そうやなあ。いつやろうなあ。」
「たまちゃん、親も家もあるわけやないのにこうしてここへ会いに来てくれるけど、いっつも違う町から来るもんなあ。」
「ほんま笑えるで。結婚してからもかわらへんのやから。」
「もう無理やな。一生落ち着かれへんな。」
「勝手なこと言いさらすな!」
「せやけど今度で引っ越すん何回目?」
「21回目、かな?」
「あほや~」
「好きで引っ越してるんちゃうわ!」

おばちゃんたちは帰り際、伝票握りしめて(ここは私が)(いいえ私が)の応酬がお約束。
「なあ、見て!見て!この伝票、男の所に1名○してあんで!」
「たまちゃん又やらかしてるで!」
「ほんま笑える!」
みんなは家に帰っていく。あたしも家に帰っていく。
でも、あたしは駅へ向かうのだ。
なんで?
「ほなシジにがんばれ~って。シジがキャプテンの年にリーグ優勝したこと絶対忘れへんからって。」
「うん。」
「ありがとうって伝えといて。」
「わかった。たまちゃんも、ありがとうな。」
「みんな元気でな。」
「たまちゃんもな~。」

また会える?いつ会える?
そんなこんなのくり返し。
これが人生だ。

« 氷雨 | トップページ | When the night falls »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
最近のクリスさんのブログとても読みやすく
何だろうな、そう
どんどん無駄な贅肉を削り落とすような
潔さとそれでいてその作業の苦悩を感じます
(ちなみにめっちゃ誉めてます)
体温感じられていいです

いつかサインもらいにいきます

お褒めに与り恐縮です。
もうね、サインなんかいっくらでも書きますよ!コスプレ握手会でも、店頭ライブでも、それで感謝の気持ちが表せられるのならなんだってやりますからっ!!
(いらね~って言われそうですが...)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/17788605

この記事へのトラックバック一覧です: 大寒:

« 氷雨 | トップページ | When the night falls »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ