フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »

2007年12月22日 (土)

Come Home for X'mas

今日は冬至。
カボチャ食べましたか?柚子湯入りましたか?
「クリスマス」より「冬至」の方が、日本にはしっくり来る気はするね。

でも、平成になって新しい天皇誕生日になって、こうして連休になったりすると「ホリデー・シーズン」って感じでもある。
♪Won't you please come home for Christmas♪

Come Home for X'mas
今日はバンディオンセ神戸のセレクション見学に三木に行ってきました。そう、来季に向けて動き出してますよ!
ああ、でも、雨と風で寒かったぁ〜(´Д`)ちょっと寝よ。また後で追記します。

追記(20:00):
40名以上の応募があって、書類選考や事前交渉の結果、本日参加は20数名。
あいにくの雨でたいへんなコンディションのなか(ぁ、でも、芝は良好でしたよ!さすが三木のグリーン・キーパーさん。ええ仕事してはります)、35min. X 3本のゲーム形式で行われました。
シロートにしてみれば単純に、良くいきなり今日会ったばかりの人達とチーム組んで試合が出来るなあと思うね。ちょいと暇つぶしの草サッカーならいざ知らず、来年の自分の生活がかかっているサバイバルだよ?さすがだなあ。
もちろん本日は個々のアピールの場。
寒風吹きすさぶ大雨もものともせず、みんな大声出してボールを呼んだり指示出したり。
(実践でもこうあってくれよ~)

手伝いに何人かの選手も来ていた。
熊谷以来3週間ぶり。
どんな顔していいのかわかんない。
とりあえず笑顔で差し入れを渡す。
おにぎりとプラムケーキと暖かいコーヒー。
(「山賊焼き」ってご存知?鶏肉をにんにく醤油に漬け込んで唐揚げにしたみたいな料理なんだけど、これを細かく切っておにぎりに入れました。「昇格の暁にはぜひ!スタジアム食として採用してね!」とアピッてきました。)

GMや社長、スタッフともお話しする。
どういったって会話は決勝大会に戻っていく。
今さらながら悔しい。
悔しくて、悔しくて、悔しい。
せいぜい傷をなめ合おう。他に誰もいない。
現場を共有した者だけがここにいるのだから、思いっきり「可哀想な私たち」でいいさ。

「あのね、GM。今日はお別れのご挨拶に来たの。」
「え?」
「別に愛想つかしたわけやないのよ。お引っ越しするの。」
「どこへ?」
「関東なんです。だからJFL絶対昇格してもらって、来年は試合に来てもらおうと思ってがんばって応援したんやけど...力及ばず、やったね。」
「いつですか?」
「来年の春。せやから来季は直接サポートできへんの。」
「それは寂しいなあ。」
「決勝大会には行きますから。会場で待ってますから。」
そう、さすらいの筋肉ハンター、クリスは来季活動拠点を関東に移します。

セレクション終了。
集められて今後についてオリエンを受ける参加者達。
この中の何人が、山賊の仲間入りをするのだろう。
集められ、値踏みされ、振り落とされる若者達。
悔しい気持ちを抱えていけ。
この悔しさを忘れるな。
泣くほど悔しい思いをしなければ、成長なんか出来ないんだ。
だれも負けたくて負けるわけじゃない。
あたしをJFLへ連れて行け。あたしをサッカーで幸せにしろ。
来年ゴール裏から声援は送れないけど、あたしは君らを応援する。

また会える?
守れるかどうか分からない約束をしないはずだった。
でも、今度の決勝大会で分かったんだよ - そんな約束、つまんない。
守れるかどうか分からなくても、約束をする仲間がいることがどんなに素晴らしいか分かった。
仲間との約束を、守ろうと行動することこそが美しい。
今はそう思える。
だから新しい土地に行ってもあたしはがんばれる。
早く環境になじんで、自分の足場を確保して、そしていっぱい貯金して来年も決勝大会に行くんだ。
そして今度こそ、バンディと地域リーグを卒業する。

冷たい雨が降る。
大好きなバンディとの、お別れの雨が降る。
ありがとう。楽しかった。

2007年12月19日 (水)

藤井くう~ん!

藤井くう〜ん!お友達に教えてもらってダッシュでゲットしてきましたよ、BOON1月号!な、なんと藤井新悟選手が服のモデルとして10pgにも渡って登場してるの!全国1000万人の藤井くんファンの皆さん、買いよ、買い!永久保存版よ、これ!!(ただし12/21にはもう次号発売になっちゃうから、買うならお早めにね!)

はぁ~、うっとり♪やっぱり素敵よねぇ、藤井くん☆とても年明け早々には30才になっちゃうとは思えないわ。それどころか益々ベビー・フェイスに磨きがかかってる感じです!今年はバンディにかかりっきりでイスバス全然見に行けなかったけど、来年こそは「堕天使ちゃん応援Tシャツ」着て日本選手権見に行こうって思ったクリスです。
Fallenangels
さあ、今回の特集で藤井くんのセクシー・ビームにやられちゃったそこの君!次のゴールデンウィークは勇気を出して東京体育館に集合だ!本物の藤井くんはもっと格好いいぞ!もっとナイス・バデーだぞお!!んでもってもっとセクスウィ~だぞおおお!!!

それでは全国の藤井くんファンの皆様、ナイスなBOON編集部に感謝の意を表しながら本日も心晴れやかにご唱和ください★
「藤井くぅぅぅぅぅ~~~んっっっっっ!!!」

2007年12月17日 (月)

Time of your life

ピッポ2得てえ~ん♪で、ミラン優勝!!
良かった!強いし、早いし、頭がいい!いい男がゴール決めるとカタルシスも倍増!!

Scan10127_2

残念ながら冬の横国でセクシー・ダイナマイト発掘ならず!
が、しかあ~し、あたしが気になったのは山形から来たおっちゃんたち。
この人達、カカの応援団なんだけど、その昔この選手がまだあどけない少年だった頃、少年サッカー国際交流の一環で来日したときのホーム・ステイ先だったんだって!番組で紹介してたんだけど、このおっちゃんらにしてみればACミランもバロンドールも関係ねえ!だわよ。たとえカカがワイタケレの一員だったとしても6時間かけてバスを仕立てて横浜まで来たでしょうよ。なにしろ(あのかわいい、かわいい少年だったカカがこんなに立派になって...う、う、う...)だもん!(まあもしそうだったらそうで、試合の後一緒に食事に行ったり、山形に連れ帰って芋煮で盛り上がったりして、それはそれで楽しそうだけど。)

だけどこの人達は「おれたちのカカは世界一なんだぜ!」と胸をはることが出来る。
ああ、ウラヤマシイ。
こんな人達の自慢話ならいくらでも聞くよ!

番組によるとホームステイ時に開いた試合でMVPには¥5000の賞金を出してあげてみごとカカ少年が受賞したらしいんだけど、彼は今でもこのお金を使わずに持ってるんだって。「生まれて初めてサッカーでもらったお金だから」
ええ話や~。その後もおっちゃんらはカカが立派に成長するようにってこいのぼりを贈ってあげたりしてて、横国にも大きなこいのぼりをあしらった横断幕を持って行っていたわ。カカも嬉しかったんじゃないかなあ?

サッカーとはかくも人を幸せにする。

一方で、一瞬で人を不幸のどん底に突き落としもする。
別に世界を破壊するわけでもなんでもないんだけど、あたしをもぬけの殻にする。

バンディも続々と退団選手を発表している。
大好きなコーへーはなんと引退を決意したそう。悲しいなあ。
なにかもっとサポートしてあげられなかっただろうか?
どうしたらいいのかわからない。

Time of your lifeバンディを知ったのは2年前の全社。そしてその年の地域決勝で惨敗して落ち込みまくっていたときにバンディは「もっとヒドイ目に」あった事を知った。その年はちょうどガンバが初のリーグ制覇を成し遂げたんだけど、そのガンバから翌シーズンなんと森岡茂がバンディに移籍すると聞いて(関西リーグはバンディを応援しよう)と思った。
でも2006シーズンはネットで結果をチェックするのみ。(どうせすぐ昇格するだろう)って思ってたからね。でも、その年の決勝大会でも結果は出なかった。
でまあ、今季とうとう会場に足を運んでしまい、その後のめりこんでゴール裏復帰してしまい...というのは、もう、ご存知の通り。

プレー経験もないただの「サッカー好き」のあたしにとってレベルがどうのこうのっていうのはあまり関係ない。
ただ見ていて楽しければよい。選手が美しければなおのこと良い。
バロンドールより目の前のハニーの方が大事。
すぐそこを駆け抜ける美しい駿馬たちを愛でながら声を限りに応援するのが楽しい。

北九州の選手たちは決勝ラウンドで「(与那城)ジョージさんを男にしよう!」って一致団結したんだって。
あたしだってシゲルを男にしたかったわよ!ジョージなんかもう2年前に琉球で男になってるじゃん!そんなになんども男になってどうするよ?2年前の全社で急にジョージが「温かいコーヒーが飲みたい」とかいうからあたし一生懸命探してあげたでしょう?忘れたか!?

ああ、途方に暮れる。
あたしだって「全国区の女」になりたかったのに。

いろんな夢をジョカトーレたちの背中に乗っけてる。
勝手なあたし達はサポーター。
ただ居酒屋で自慢話をしたいだけ。
いつの日か、孫に武勇伝を披露したいだけ。
あたしのジョカトーレはいつの日か、栄光をつかむだろうか?
あたしに美味しいお酒を飲ませてくれるだろうか?

 

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ