フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2007年12月15日 (土)

結婚は宗教

いつも犬との散歩で通る道すがら、うどん屋さんの「今日は何の日」の看板を見る。
今日はなんの日?「新商品、しいたけの海老詰めサービスの日!」
今日はあなたの誕生日。

くぐもって疲れたようなあなたの声。
「今からみんなで歌うからね。聞いててね。」
♪Happy Birtyday, Daddy♪
電話口でクラッカーを鳴らし、ロウソクを吹き消す。
「聞こえた?」
やっぱり寂しそうなあなたの声。

来年の誕生日は一緒に過ごせるだろうか?
来年の誕生日には、もうあなたと過ごした時間の方が親とのそれより長くなる。

Forever「元気ないわね、だいじょうぶ?」
「うん。」
「愛してるわ。」
「うん。」
日本の男は"too"という便利な言葉を覚えた方がいい。
(大好きよ)(ぼく「も」大好きだよ)
便利でしょう?「うん」じゃ、だめ。
恋人になる前だったら、好きだという言葉に笑顔を返してくれるだけで、気持ちを受けとめてもらえたと有頂天になれる。
恋人だったら、好きだという言葉には口づけを返してくれればいい。
でも、あなたとあたしは家族。
選んで一緒にいる、唯一の相手。
仲良くできるように努力しないとダメなのよ。

「愛してるわ」と言ったら「ぼくも」と返せばいい。
それだけでいいから、めんどくさがっちゃいやよ。

2007年12月13日 (木)

来るもの拒まず、去るもかまわず

小野くんが出ない浦和なんて応援してやんない!
...ってことでミラン勝ちましたね。ピッポが見れて嬉しかったけど、やっぱ得点して欲しかった。
でもこれで決勝はいよいよボカと対戦ですよ、楽しみだな~☆

Scan10007応援席も楽しみね、イタリア美人とアルゼンチン美人のサポーターをTVカメラさんはがんばってキャッチしてもらいたいものです。
どっちも負けず劣らずのセクシー・ダイナマイトを期待、です♪
日本の女子サポってなんでみんな男と同じ格好してるのかしら?
つまんないわね。
ゴール裏にドレス・コードでもあるの?
もう少し若い子にはファッション面でも頑張ってもらいたいです。

あ~でも、基本どーでもいい感じで始まっちゃったクラブ・ワールド・カップ。
だって何しろこっちは地域決勝でいっぱいいっぱいだったわけでね...
どんよりとした落ち込みモードから脱出するとため込んだ仕事を色々とかたづけていかなきゃならない。
でもさあ、試合に負けるとあんなに落ち込むくせに、自分の仕事はうまくいかないことがあっても結構潔く切り替えられたりするんだね。
選手もそんなもんなのかなあ?
ただね、絵の仕事にしろ、家族のためにやる作業にしろ、あたしの場合はひとりだからね。
誰かに見られてるわけでもなけりゃ応援してもらってるわけでもないから、上手くいかなくてもやっぱりひとり。だから、落ち込んでる場合じゃないってのもあるのかもしれない。
そんなひまがあったらさっさとかたづけて次へ行け、って感じ。

次へ行く、移籍する、辞めていく人もいるよね。
寂しいなあ。
まあ移籍はね、しょうがないと思えるんだ。でも、サッカー辞められるのは辛いよね。
(もっと何かしてあげられたんじゃないだろうか、もっとサポートできなかったろうか)
結局、サポってのは年がら年中どうやったら自分のチームの選手を幸せにしてあげられるか考えてるような気がする。
最高のサポートをして選手に喜んでもらって、で、その選手に最高のプレーをしてもらって幸せにしてもらう。
(きみはこのチームでプレーして楽しかったですか?我々はきみを上手に愛せていましたか?きみは幸せでしたか?)

きみのプレーが間近で見れなくなるのは寂しいけど、きみがこれからも元気でサッカーやってくれていればそれは嬉しい。
辞めないでいてくれれば、また、きみのプレーが見れるから。
きみが続けてくれることで、応援したことは無駄じゃないと思えるから。

「そうなの?」
「うん、地元に戻ったって。」
「そうか。○○もだよ。」
「うそ!地元でやってるの?」
「いや...さすがに県リーグに行くのはまだ決心つかないって...」
「そうなの...2年前までレギュラーはってた人がねえ...」
「どんどん下から入ってくるもん。」
「きみもうかうかしてらんないじゃん?」
「まあね...今のところ複数からオファーはもらってるけどね。」
「そうなの?まだまだ売れっ子か。」
「そっちこそどうなの?」
「なにが?」
「選手はともかくサポーターで毎回違うチームで決勝大会くるのはクリスぐらいでしょ?今度はどのチームで来るの?」
「何、それ!単なる偶然よ~。」
「とかなんとかって他所のチームからオファー来てるんじゃないの?」
「来るかいな、そんなもん、アホッ!」
「ははは、コーフンすると関西弁なんだ。」
「なんやのよ、馬鹿にしてんの?」
「そんなこと...サポ仲間の人たちと喋ってるの聞いて、関西弁かわいいなあって。」
「大人をからかうんやない!ああ、もう、もとにもどらへんわ!」
「良いよ、良いよ、喋ってて。いいなあ、何処に行っても馴染んでて。」
「そんなことないって。遊んでるだけやもん。」
「でもあれだけ大声出して騒いだらすっきりするでしょう?楽しそうだよね。」
「楽しいわよ。きみたち選手のおかげよ。また来年も楽しませてね。」
「おれの行くチームに来てよ。」
「やだね。あたしが声出しするときはチームを応援してるのよ。どこでもいいってわけじゃないのよ。チームを好きにならなきゃゴール裏には立たないわ。」
「そうなんだ?でも、やっぱりクリスには試合見に来るだけじゃなくて応援やってほしいって思ったよ。」
「なに贅沢言ってるんでしょう、この子は!?年寄りにあんまり無理言うんじゃありません。今回の決勝大会だって準備たいへんだったのよ。一ヶ月前から禁酒して、毎日筋トレしてコンディション上げて大会に臨んだのよ。」
「すげえ」
「もう本当、これを引退試合にしようってがんばったんだから!」
「だからまだ引退するなって事なんだよ。」
「あたしはバンディで地域卒業するの!選手個人を見に行くときは大人しくスタンドで観戦します。余所様のゴール裏を荒らすのはあたしの流儀ではありません。」
「ちぇ」
「コールして欲しかったらいつでもやったげるわよ。サッカーにおいてあたしのなかに「恥ずかしい」という言葉は存在しないから。」
「ありがとう。...あれ、すごく嬉しかった。力もらった。」
「そう言ってもらうとあたしも嬉しいよ。」
「また、連絡する。」
「どうぞ。期待しないで待ってるわ。」
「なんだよ、その言い方。ちゃんと連絡するって!」
「はい、はい、ありがとう。」
「どうしてそう子供扱いするかな~。」
「してないわよ。」
「してるよ。ガキだと思ってるでしょう?」
「だってそんなあなたが好・き。」

ジョカトーレは神様からの贈り物
大きな家族の小さな末っ子
みんなで一生懸命幸せにしてやらなければいけない存在
だからきみは、当たり前みたいな顔して愛されていればいい

2007年12月12日 (水)

Make it Rain

どんなに騙されても裏切られても、足に取りすがってでも追いかける男と言えば息子である。
母性などと言ってもらっては困る。一重に、責任感。

学校に呼び出しをくらって親子雁首そろえて先生のお説教を聞く。
ええ、ええ、いちいちごもっとも、おっしゃるとおりの息子でございます。

しかしいくら正論でも、あまりに厳しい言葉が続くと「代理人魂」に火がつく。
自分のことなら人の評価をあまり気にしないのに、息子となると黙っておれん。
言葉を選びながらもガンガン反論し始める自分がいる。
気がつけば先生がタジタジ...そういうつもりじゃなかったんだが。

息子の学校は遠い。
末っ子の下校時間に合わせてダッシュで帰らなければならない。
ロング・ドライブに音楽は必須。
なのに紅葉の中を走る我が愛車にはCDプレーヤーが付いてない。
聞けるのはテープ。で、あたしのテープ・コレクションは80年代前半。
ああ、もう、あたしがこれを聞いていた時代の年頃に息子はなろうとしている。
いかにも幼くはないか?あんなものか?
それとも悪だったあたしの血を引いて、親の目の届かないところであ~んなことやこお~んなことも経験済みか?
ああ、知りたくない。知りたくない。
あたしのかわいい天使ちゃんはもう、どこにもいないのね?

イエスにジェネシスにポリスにロッド。イギリスばっかだな。
今日はアメリカを懐かしむはずだったのに、あたしって結構偏ってたんだ~。
お、ジェームス・テイラーだよ、JTだよ。
懐かしいなあ~。いい声だよな~。好きだったんだよな~。
こういうのが好きな高校生って暗いか?

♪嘘をついてごらん、でもそのあとで抱きしめて
朝日が差すまでサヨナラは言わないで
ひとりにしないで♪
♪行ったことないけど、メキシコって楽しそうだよね
ああ、メキシコ!行かなきゃ、メキシコ!!♪
♪ただボクの名前を呼んで
何処にいてもきみの元へ駆けつける
必ず行くよ、ともだちだから♪

へとへとになって帰ってきて、晩飯作って、末っ子の習い事の送迎。
やれやれ晩飯だ、晩酌だ...で、電話。
「雨降ってるし、駅まで迎えに来て」息子だ。
ばかやろう。甘えるな。先生と母ちゃんのバトルを見てなかったのか!?
子育てしてるとどんなにはずされてもクロスを放り込み続ける、あてにならないFWとコンビ組んでるサイド・アタッカーの悲哀が分かります。

駅まで夜のショート・ドライブ

♪おお、母よ父よ妹よ弟よ
愛する人達に雨を降らそう、愛の雨を
自分の気持ちを伝えよう、自分から動かないと、なにも変わらないのさ♪

2007年12月10日 (月)

「サッカー批評」vol.37

「サッカー批評」vol.37
出ました。pg134をチェックだ!
今号の制作に関わった一員として、イビチャ・オシム監督の一日も早い回復を心よりお祈り致します。

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ