フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007年10月27日 (土)

バンディが勝って嬉しいな♪

KSLカップ2回戦
バンディオンセ神戸 vs 高田FC (4-1・バンディの勝ち)
会場・加古川日岡山運動公園球技場、天候・くもり、ピッチ・人工芝

ガンバが負けて悔しい。優勝に向けてかなり痛い敗戦。なのに御機嫌なのはバンディが勝ったから。つまりあたしの中ではバンディのハート占有率が高いことになる。

バンディの前にはアイン食品が試合をやっていた。
会場に到着したら10人で闘っている。どうやら開始早々退場者が出たらしい。必至になって追い込む10人。走れ、山本くん!見せてくれ、味生庵マジック!
Dscf0010でも京都紫光クラブにだんだんボールを支配され、先制を許してしまいました。

ハーフタイムにマネージャーさんに「武井くんは?」って聞いたら「辞めました」って...ガーン!長野に帰っちゃったのかなあ?

ゴールを守っているのはどうやら新人賞を取った内野くんではないみたいで、山本くんが交代してしまうと見るものもなくなり、いつのまにやらアインは負けてしまっていました。ごめんね、SAEKOちゃん。あたしの愛が足りなくて。

でまあ、バンディですよ。
先発メンバーは「ほぼ大分」で、かつて見たことないまるで別のチームみたいな構成。
ある意味バンディ・ベンチ・ボーイズ(BBB)フルラインナップと言うところ?
アップするみんなの表情にも(アピールするぞ!)というやる気が見えて結構、結構。
Dscf0015
あれ、リンクが上手く張れないな、オフィシャルには鳥谷くんが先発ってなってるけど、彼は後半投入で、アキが先発だよ。後半出たのは先制点入れたコーへーだし。2点目入れたのは28番じゃなかったと思うんだけどな~

「Iくん頑張ってね」
「Aくん、しっかりね」
BBBはおいら達の目の前でアップやってるもんだから勢い声掛けもする。
「ちょっと、Aくんたちだけ声かけてやったら他の子も言うたれへんかったら不公平やん!」
「そんなことあるかい!」
「せやかてこんな真ん前でやってんねんからこの子等意識するやん。きっと(なんでおれには声かけへんねん)思ってるって!」
「あんたの声がでかいから聞こえるねん。意識すんねん!」
Kくん、下向いて笑いこらえとったやろ!?見たわよ、あたしは!

ま、とにかく、今日は応援団は声出ししないということなので、クリスはそのまま「おっちゃんスタンド」でヤジ飛ばしまくり応援することに。トイレに行くとちょうどお手洗いから出てきた22番くん発見!
「クリスさん!」
「きゃあ、もう怪我大丈夫なん?今日先発なんやてね?」
「はい!」
「がんばってね☆」
「はい、あの、こないだは絵をありがとうございました。嬉しかったです。」
「やあ~ん(抱きつき!)今日はLくんのナイスな走り、期待してるわん」
「頑張ります!!」

というわけでふだんよりうんと若い平均年齢でキックオフ!
「今日は陸上大会だ!みんな走れ!!」
「J、がんばれよ~!一発頼むで!」
「O、代わりはいくらでもおるねんで~。結果出せ~。」
高田の「一人サポ」が悲壮感漂う声出しをしてる横でのこのゆるゆるな雰囲気。
「おら、おら、高田の方がよっぽど声でてるで~」
「とられたら自分で取り返さんかい!」
「まわりを見ろ、まわりを~」
ボールを支配し、早い時間帯で先制したにもかかわらず、なんかやる気が空回り気味なBBB。ちいさなパスミスも目立ち、シュートも決めきらない。

「あ~、寒いな。おまけに暗いし、見にくいし。」
「あの照明増やしてもらいたい。」
「あの倉庫もどけてもらいたい。」
「あの金網も何とかしてもらいたい。」
文句タラタラのハーフタイム。そこへ靱帯損傷回復中の伸くん登場。
「こんばんは」
バンディの子達って自分から積極的にあいさつしてくる子ばっかでかわいいわ。
「きゃあ~伸くん、どう、調子は?」
「ぼちぼちですね。まだちょっとかかります。」
「バンディけが人多すぎやな、最近。心配やなあ。」
「なんか僕がやっちゃってから続々と...」
「おお、きみが諸悪の根源か!」
「そんな伸くんを悪者のように...」
「おはらいした方がええかも。」
「まあ、けが人が増えても、先に怪我したもんがどんどん回復して、でもって若手も奮起して、ってやってくしかないな。もう一ヶ月ないねんから」
「そうですね」
...と済まなそうにうつむくお顔もハンサムよ~、伸くん!
「早く良くなってね!」
「はい」

後半なかなか点が入らないでイライラしている中相手に追いつかれてしまう。
BBB達にアピールして欲しい、結果を出してほしいと思ってるあたしとしては黙ってられん!
声出し開始だ!走れ、お前ら、ごらあああ~!!!
あたしの愛にまず応えてくれたのは高田の方でした。オウン・ゴオオオール!!

若い子は走るから見てて楽しいね。
22番くん、良かったわ~。クリスの愛のハグが効いたのね☆
未来ある若者のために、ヤジは厳しく、ナイスプレーには暖かく、ゴールには大げさなほど祝福のエールを!!
それからは賑やかに観戦し、BBB達も2点追加して見事勝利してくれました。
ああ、楽しかった♪
Dscf0023

2007年10月26日 (金)

Body & Soul

コスモスを揺らして走りすぎる2人乗り
バイクで若い2人は何処へ行く
彼女のラズベリー色のマフラー
しがみついて暖かい季節がやってくる

あたしは家族でイチャイチャするのが大好きなので、こどもが帰ってくるといつも抱きしめてほっぺたスリスリして床を転げ回る。これを我が家では「ムツゴロウさんになる」状態と言っている。
出勤しようとする相方の首っ玉にかじりついて毎朝靴を履く邪魔をする。これをあたしは「相方ラテン化計画」と言っている。
でも、おにいちゃんは思春期に入った頃から「おれにかまうなオーラ」を出しているので我慢している。
生来愛しているなら抱きしめたい!キスしたい!押し倒したい!クリスはこれが淋しい。

なもので限界が来るとおにいちゃんを風呂上がりにとっつかまえてマッサージをしてやる。
テキストは「家庭で出来る三宅式スポーツ・マッサージ」
(足がだいぶ発達してきたなあ)(細すぎだろう、この腰回りは!)(この大胸筋じゃあまだまだだね)などと思いながら揉んでいく。
中学卒業時は172cm60kgとそこそこナイス・バデーに育て上げたつもりだったのに、高校進学と共に部活が厳しくて4kgも痩せてしまった。くそ~。
「とにかく朝は絶対食べていきなさい。時間がなくても、食欲がなくても、薬だと思って食べなさい。」
ああ、全国のスポーツ少年のお母さんがた、なんて燃費の悪い子育てなんでしょうね!

いろいろ経験して欲しい
恋だってして欲しいんだよ、本当はね。
でも、いきなり赤ちゃんは勘弁だよ!
「あのさ、とにかく交際許可して欲しかったらおかあちゃんと50mバタフライ勝負して勝てる女の子連れてきなよ。」
「それって実質交際禁止してると思う。」
ばかもの!お袋越えできねえような女連れてくんな!!

2007年10月25日 (木)

Don't make my brown eyes BLUE

十三夜からこっち、月が明るい。
ドンズマリ気味だった懸案事項がようやく解決し、いろんな決断をようやく決心した矢先。
なにか通じるものがあったんだろうか。
友達の明るい声が、今の自分の気持ちとシンクロしてますます気持ちが浮き立ってくる。

「偶然ねえ」
「ビックリですよ」
「あなたは本当にそういう星回りなんだわ。」
「そうでしょうか...」
「そうよ。願いが叶うタイプなの。思い通りに行かなくても、巡り合わせで結局そういうふうに転がるように出来てる。」
「それって運命にもてあそばれ系?」
「いいじゃないのよ。神様に愛されてるのよ。」
そうだろうか。
神様、あたしをお好きですか?
「もう会いに来ない!なんて言っててこうだもんね。もう、こっち来ちゃったら?」
「そうはいかないです。もう、いいんですってば!」
「あたしは待ってるわよ。また遊びましょ、あなたといると退屈しない。」

恋人より友達の方が切ない気持ちになる。

いっしょに迷子になってくれたきみ。
なんどもなんどもあやまり続けたあんた。
そっと花を差し出してくれたお前。
あたしの歌を一生懸命聴いてくれたあなた。
あたしは忘れたりしない。

ディスコをはしごした夜。
ハロウィンの仮装の夜。
パーティーをはしごした夜。
居酒屋の前で暴れた夜。
通りで肩組んで大声で歌った夜。
あたしは覚えている。

空港のロビーで泣きはらしたお前の赤い鼻。
50mは走って駆け寄ったあなたのセリーヌのスカーフ。
停留所で抱き合ったきみのレザー・ジャケット。
どうして忘れることが出来る?

また会える?また会いたい。
男と女の目的はひとつ。
同じ志を持つ仲間の目的もひとつ。
では友達の目的は?

Sunsettrain並んで歩きたい。
どこまでも並んで歩いていきたい。
きみとおなじ景色を、眺めていたい。

なのにきみの背はあたしよりずいぶん高く、あたしよりずいぶん遠くを見渡せる。
ハイヒールはきみとおなじ景色を見るためのあたしの道具。
なのにきみの歩幅はあたしよりずいぶん長いから、あたしはヒールを鳴らして小走りになる。

「そんなに見ないでよ」
友達の目を覗き込んで何が悪い。
今度はいつ会える?
立ち上がって少し足を引きずるきみ。
「痛いの?」
過重労働の足の甲。
「手術した方がいいって言われてるんだ」
きみの足に触れるあたしの右手。
中指のペンだこに昨日使ったインクのしみ。
これがあたしたちの自己表現。生きている証し。同じ夢を追う友達の印。
「かわいそうに」

大きなカバンを担いでゆったりと歩くきみ。やっぱり大きなカバンを担いで小走りのあたし。
見慣れた気もする街並み。でも迷子のようなあたしたち。
手をつなぎたいけど、それじゃあお父さんとこどもみたいになっちゃう。
だからきみの腰に手を回す。ふざけたフリしてお尻の肉をつまむ。
きみの躰が好き。
こんな躰ならくれてやる。
でも、あたしたちは友達。

駅の雑踏。でも、きみの声しか聞こえない。
あの改札から出てくるのがきみならば良いのにと何度思ったことか。
なのに送ってくれようとするきみを、あたしは改札に押し込む。
男の子にはキスしてポイ♪
途方に暮れるきみをふり返りもせずに小走りのあたし。

一目散にバス停のトイレ。
ヒールを脱いでスニーカーに履き替える。
10cm下の世界に帰ってきた自分を鏡の中に見る。
あのままきみと一緒に乗ってしまえば良かったか?
想いを乗せて走る evening train

「また決勝大会の季節ね。」
「はい。今度こそ卒業しますから。」
「良い結果報告を待ってるわね。」
「必ず。」

2007年10月23日 (火)

入隊4ヶ月目

続いてますよ、ビリーズ・ブート・キャンプ。
はじめてから体重、体脂肪率とも全く変化無し。でも、なぜか見た目が引き締まってきて辞められない。
(だけど、やっぱ目に見える結果が欲しいよな...)
と思っていると、入隊3ヶ月目に行った血液検査がまあ奥さん!凄いのよ!!
これはもう、脳梗塞&痛風一歩手前と言われていた中性脂肪や尿酸地の数値が「やや危険」を一気に飛び越えて「正常値」に!
(やったあ!これで酒辞めなくてすむ!!)

あたしはamazonで中古の輸入盤を手に入れたから字幕あるいは吹き替え版のいわゆる「ビリー語録」は体験してないんだけど「エリート」養成コースに入隊しております!
入隊一ヶ月目は毎日やってた。「入隊編」「パワー全開編」「腹筋編」
で、二ヶ月目からは週2回くらいの割合で「究極編」。
つまりこの「究極編」ばっかりかれこれ三ヶ月やってるわけ。
最初はついてけなかった。ビリーバンド無しでもね。
(よし!全部ついて行けるようになったらバンドも買うぞ!)
でまあ、いまだに最後10分ほどの腹筋運動の所はついていけないんだけど、バンドを使うルーティンはついていけるようになったから今度のお誕生日に買ってもらうんだ~♪
ちなみに向かってビリーの左にいつもいるジュリアンはクリスと同い年!
ジュリアン目指してさらに頑張るわ!
(ちなみにビリーはあたしの相方と同い年よ。だからなんなの...?)

一応クリスの週間トレーニング・メニューは週1-2回のブートキャンプ、週1-2回のスイム(一回につきだいたい1-2km)、週1回のジムでの筋トレ、であとは毎日朝夕の犬の散歩(だいたい1日合計で5kmくらいかなあ?)
どうでしょう、みなさん?こんなもんでオッケーでしょうかね?酒飲んでてもいいッスか?
でも、なかなかジュリアンみたいに腹が割れないよ~。
あ!これに週末のゴル裏声出しも入るんだから腹筋運動すごいよ!?ね?

基本が何かなってないのかなあ?
ブートキャンプも腹筋運動だけいまだについていけてない。
キックやるときだって腹に力入れてやってるつもりなのにナア。
でも、あんまりはりきりすぎて大腿部副側靱帯伸びそうだもんね。
たまにドリンクボトルをウェイト替わりに持ってやってみるんだけど、やっぱバンドがついてるから負荷のかかりかたもキツいんだろうしなあ。
「上体を動かすな!」「胸を張れ、姿勢を保て、コアをブレさすな!」「ほ~ら、三角筋が燃えてきただろう?」「どうした、汗をかいて無いじゃないか!?」
わかりました、隊長!弱音なんか吐きません!!弱い自分が大嫌いだ!!!
Where I am today - where my mind put me.
Where I will be tommorrow - where my mind put me!
すべては意志の力!Unity!!!

2007年10月21日 (日)

ガンバが勝って嬉しいな♪

うん、それだけなんだよ。

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ