フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »

2007年10月20日 (土)

日本代表、どうでもいい

全社で盛り上がってるうちにU22はカタールに負け、A代表は年内最終試合に快勝した。
ああ、そんなことよりバンディ・ベンチ・ボーイズが結果を残せなかった方に気落ちしているあたしって一体...

Jリーグ開幕と共にサッカーを見始めたあたしにとって、きっかけを作ってくれたのは日本代表です。でも、カズやラモスが、ジョーやオノクンがいて当たり前の代表がそうでなくなるとだんだん興味も薄れ、大好きな鈴木隆行選手が呼ばれなくなった2005年あたりからだんだんふてくされ気味となり、オシム・ジャパンになってからはご覧の通り、試合スケジュールさえ把握していなくて新聞のTV欄を見て(ああ、そういえば...)などと気がつくていたらく。

今じゃ日本代表よりガンバ大阪やバンディオンセ神戸の方が大事。
もちろんあたしをサッカーへ引き込んでくれた事には感謝しているし、代表を見ていたから鈴木選手にも出会えたんだけど...

夜明け前、大きなカバンを担いで我が家の「王子」は出て行く。
代表戦を見ながら「もっと激しく」「狡猾さが足りない」「押しのけろ!」「もっとエゴイスティックに」「なにお友達やってんだよ!」「ハングリーじゃないんだよな~」などという意見を聞く。
でもあたしは、そしておそらく多くのスポーツ息子を持つ日本の母親達は「お友達と仲良くね」「コーチの言うこと良く聞いてね」などと言いつつ毎日毎日お弁当を持たせて少年を見送る。
怪我をしないでニコニコと帰ってきてくれるのなら勝敗なんかどうでも良いんだ。
あたしは料理を作るしか能のない母親なので、こどもにおいしいご飯を食べさせてやることに生きがいを感じている女だ。そんでもってスポーツ栄養学オタクなもんだから「理想の筋肉生成」の実践を息子で臨床試験中である。
なにが悲しくて、息子を「ハングリー」にしたいものか!

あたしの知ってるサッカー選手は高校の時から家を出て寮生活しながら競技に打ち込んできた子も少なくない。
あたし自身も15で日本を出て3年後にはそのままアメリカで一人暮らしをしていた。
お互い「若き日の武勇伝」なんかで盛り上がっちゃう事もある。
でも...これが自分のこどもだったら、と思うとずいぶんトホホな現実だ。
かわいい子には旅をさせよ、とは言うけどね。

2007年10月17日 (水)

全社という思い出

今年の全国社会人サッカー選手権大会が5日間の激闘の日程を終え、関西リーグのFC Mi-OびわこKusatsuが見事初優勝を遂げ、来月から始まる全国地域リーグ決勝大会への出場権を獲得しました。
http://www.jfa.or.jp/domestic/category_1/news/071017_02.html

残念ながらバンディオンセ神戸の方は今大会三位に名を連ねている九リーグのかりゆしに1回戦で延長戦の末敗れ、思ったような結果を残すことが出来ませんでした。けれども今季リーグ戦において激しく優勝を争った相手の健闘に、選手たちが何も感じなかったわけはありません。きっとこの悔しさは本番中の本番、決勝大会で晴らしてくれると信じています。

何かの大会が終わる度に、いつも思うことがある。
遙か以前、地元の小さなグラウンドで始まった予選1回戦。
彼等は決勝のことなど、考えもしないだろうか。
一戦必勝。まずは目の前の相手を倒すことだけを考えているのだろうか。

あたしは2年前の4月のある日曜日。長野県のとある1回戦会場にいた。
芝が申し訳程度に「生えている」四方を木立に囲まれたグラウンド。
「観客」などいるわけもなく、選手とスタッフ以外は選手の幼い子供を連れた奥さんと、選手のお父さんと、あたしだけ。
淡々と試合は進み、淡々とあたしのチームは勝ち、淡々と選手たちは後片付けをしていた。
あたしの目の前で平気で着替えを始める美しい駿馬たち。
軽口を叩き、スポーツドリンクを手渡しながら、あたし達はただただその日の勝利に御機嫌だった。

次の週にはもう少しマシな芝生が「手入れされている」球技場。
仕事が休みのサポが数名。でもみんなのんびり芝生に寝そべって観戦。
「おれ、うちの試合座って観んの久しぶり。声出さなくて良いのって、たまにはいいよね。」
試合は楽勝。またもやリラックスした選手たちの生お着替えスタート。
「いいのぉ~、あたしの前でお尻だしちゃってぇ~?描いちゃうわよ!」
「描いて、描いて♪」
「よぉ~し、ぉムコに行けなくしてやる!」
まだまだのどかな2回戦。

3回戦ともなると観客が入り、全国大会進出への期待も膨らむ。
「あら、○○くんは?」
「やだあ~、観たことない選手ばっかり。」
ああ、ごめんね。彼等にも出場機会、与えてやってよ。
「クリスさん、神戸に引っ越すの?」
「そうよ。あんた達より先回りするの。」
「応援してくれるの、今日が最後なの?」
「最後じゃないよ。神戸で待ってる。まだまだ一緒に思い出作ろうぜ!」
2年前の全社は兵庫が会場で、たまたまあたしはその年に引っ越しすることになったのだ。

あたしは兵庫に来て2ヶ月とたたないうちに全社の運営スタッフとして協力するようお声がかかり、ボランティアとして大会に関わることになった。
そのチームは長野県での優勝はしたのだけれど、北信越代表権は獲得できなかった。
だれも神戸に来なかった。
あたしは運営ボラとして楽しい5日間を過ごした。
神戸ウィングスタジアム(当時)。
決勝はロッソ熊本と新日鐵大分の九州勢対決だったが時間内に決着がつかず、大会規定により両者優勝となった。

あの長野の土煙舞うグラウンドで、だれがウィングスタジアムをイメージしただろうか。
でも、あそこからここまでの半年間、確実に道は繋がっていたはずなのだ。
ボールが描く軌道がちゃんとウィングスタジアムまで届くイメージを持てるものだけが、ここに、このピッチに立てるのかもしれない。
あたしは一人でこんなところに来てしまった。
どんなに待っても、だれも神戸に来なかった。
あたしはただ、あたしの愛するジョカトーレたちがここでプレーするのを観たかっただけなのに。

勝負事には必ず勝者がいて敗者がいる。
願いはいつも、かなうわけではない。
でも、サッカーの奇跡を、あたし達は待っている。
しあわせになるために、あたし達はサッカーをしている。
だから何度でも、スタジアムに戻っていく。
さあ、一緒に幸せになろう。

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ