フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月11日 (木)

Where are we going

たとえば初めての町に来て、知らない道を一人で歩いていると、心細いはずなんだけど、なんだかどこかで懐かしい気持ちにもなる。
(ああ、自分はどこの誰でもなく、誰も知ったものもいない。)
なぜならあたしはいつもひとつところに長くいられない人生。
もう国内外を含めて20回も引っ越しをしてきた。
人生すべての思い出を共有できる人もない。故郷もない。

新しい町を歩きながら思うのだ
(あたしは自由だ。自由だ。)
そしてまた思うのだ
(この町を手に入れてやる)

たとえば違う場所へ行っても、「違い」を気にしていてはやっていけないから「共通項」の方を一生懸命探している。
安心できるスポットを探している。
「ナンバーワンよりオンリーワン」だって?
それはオンリーワンにならざるを得ない人の孤独を知らないから言えることだ。
あたしはいつもその場所にいるオンリーワンだった。
他所から引っ越してきた子。転校してきた子。なぞのアジア人。変な帰国子女。組織に馴染めない女。親になりきれないAC。地域社会にとけ込めない転勤族。
たとえば選ばれもしないのに気がつけば「日本代表」を背負っていた15歳の少女。
あたしはだからオンリーワンよりナンバーワンになりたかった。
ナンバーワンになれば、勝手に貼られたレッテルから自由になれる。

あたしがサッカー選手を好きなのは、彼等が美しいだけでなく「傭兵」だからかもしれない。
彼等はサッカーのためなら何処へでも行く。
試合のために、大会のために、あるいは移籍のために - ひとつところに留まっていない。
バガボンドである彼等に共感し、そして行きがかり上こうなってしまった自分とは違い、自らの意志で放浪している彼等に限りない憧憬の眼差しを向ける。

きみはどこへゆこうとしているのか?
弱い自分に吐き気をもよおすほど、泣きたいくらいの悔しさを、一人で何度乗り越えてきた?
何かを人のせいにせず、すべてを自分に引き受けて、後ろも見ずに走ってきたか。
勝つことだけが、アンサーだ。

たとえば試合に負けてアウェーの帰り道、ひとりぼっちで帰るあたしがいる。
(連中は団体行動で、補助も出て、こっちは自腹切って一人だよ!なんであたしがこんな目に遭わなきゃなんないんだ。あいつらなんか自分ひとりで電車も乗れないくせに!こんなの割りに合わない、もう辞める!)
でも、帰ったらもう、次の試合の準備をしていたりする。
どこまでいったら気が済むのか?終わりなんかないのか?中毒か?

われわれはどこへいくのか?
勝っても負けても現場で現実を共有。
旗を担いでどこまでも、ジョカトーレの群を追いかける。

あたしはサッカーを描いている。
そしてそれは、現場にいてこそ描けるものでありたい。
伝えたいことが山ほどある。
あたしは怒っているんだ。泣いているんだ。叫んでいるんだ。
おそらくあたしの心の中のありったけを、なんの遠慮も無しにすべてぶつけても良いと思えるものが、サッカーだったのだと思う。
自己紹介のいらない場所。
愛していいと、言ったじゃないか。だから、思いっきり愛してるんだよ。
いままできみが思いもしなかったやり方で、襲われたことのないタイミングで、いつもと違うところにキスしてあげる。
みんなと同じになりたかった。みんなと同じになれなかった。同じ事が、できないんだよ、あたしは。
だからあたしはただの役立たずだけど、きみをほかのだれも真似の出来ないやり方で愛してあげよう。

今夜全国社会人サッカー選手権大会に向けてバンディ・ボーイズは出航します。

2007年10月 8日 (月)

天皇杯

地域リーグを見始めるまでは天皇杯と言えば「元旦、国立」ってえことで実は予選が行われていることすら知らなかったのです、クリス。だってJリーグはシーズン通してリーグ戦、そして間を縫ってナビスコと、そのふたつはファンとして一喜一憂しても天皇杯は年の終わりに降ってわいたようなトーナメントだったんですもの。「天皇杯がなんたるか」全く分かっておりませんでした、ハイ。

そのJ1勢が出てくる4回戦を前に、我がバンディオンセ神戸の今年の天皇杯は終わってしまいました。地域リーグ勢にとってはここまで来るのが長いのにね。バンディの道のりは夏の終わりの県予選準決勝から始まったわけだけど、あたしが2年前まで応援していた北信越のチームなんか5,6月からの県予選を1,2回戦から地道に勝ち上がってやっとだったんだよ!もうだから夏の終わりの県決勝なんか大盛り上がりでさ、ある意味これに勝っちゃうと一回気が抜けちゃうよね。そこからが全国への道なんだけどさ。

3年前優勝したときはそりゃあもう、みんな大騒ぎでさ、地元マスコミも取材に押し寄せるし、正直舞い上がっちゃったよ。結局1回戦でホンダロックに負けちゃった。2年前はもうあたしは兵庫に転居してたんだけど、天皇杯の県決勝だけは見にいったんだ、長野に。悪夢の逆転負けでね、もう、みんな死んだみたいになっちゃった。でもその後チーム一丸となってリーグ戦に優勝し、決勝大会に進んだんだからあれはあれで良かったのかなあとも思うよ。へんにマスコミや回りに騒がれてたら決勝大会に集中できてたかわかんないもん。

バンディは強い。ずっとそう思ってきた。
でも、昨日初めて負けるのを見て、「絶対に強い」なんて事はないんだ、世界は広いんだって認識を新たにしたね。
ただね、ある意味この関西地方の「盛り上がりのなさ」が幸いしてるのかもしれないとは思う。天皇杯に進もうが、リーグ優勝しようが、観客動員にもマスコミ取材にも何の影響もなく、あいもかわらない注目度の低さ。妙なプレッシャーも受けずに淡々と課題をこなしていく選手たち。注目を集めたければ上に上がって行けばいいと言う構造。
でも実際昇格したら - たいへんだろうね、このままじゃあ。

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ