フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« ヤドリギの枝の下 | トップページ | 幼年期の終わり »

2007年12月28日 (金)

ニライカナイ

まあ、せっかくなんだから、上がって。
ちょうどこどもらも寝てしまったし、夕食の残りもあるしね。
チャンプルーさぁ。こっちはアボカドのサラダ。ああ、いりこ味噌もあるから出してくるわ。
なに飲む?焼酎?割るの?へえ、若い人はそんなの飲むんだねぇ。
これ?飲んでみ...
はっはあ~!きついか?きついかぁ~。
これね、泡盛にコンデンスミルク入れてるさぁ。美味いでしょ?

そう気分は沖縄。連れてけ、沖縄。
懐っこい笑顔のおばあにおじい。
てぃだぬあがるまでぃ歌い踊るうるまぬ島。

あたしのおばあちゃんはよく荷物を送ってくれるとき隙間にパンツを入れてくれていた。
あ、もちろん新品だよ。グ○ゼのデカパン。
「別にええんやけどさあ、でもなんでパンツやの?」
「クリスちゃん、よう旅行しゆうけ、新しいのはいていけばええ思うて。」
「おばあちゃんは出かけるときはいつも新品はくん?」
「そうよねえ~。旅の途中でなにかあったとき、余所様に身体改められてボロのパンツはきよろうもんならおなご一生の恥やけん!」
死ぬときは新品。おばあちゃんの死装束は勝負パンツ。
おばあちゃんが亡くなったとき、凄く悲しかったんだけど、その時おばあちゃんがどんな下着を身につけていたのかものすごく気になったクリスでもありました。

「会うは別れ、じゃけえのお~」
おばあちゃんがよく言っていた。
いつもお別れの時、死を覚悟していた明治の女。

Photo_3ニライカナイ
楽土 - 永訣 - 年忘れ

朝から荷物の整理をしていたんだよ。
まだ引っ越し先も決まっていないのにね、年末の大掃除ってやつ?
それはまあ、引っ越すときで良いかあ、でも、片付けくらいはやっとくかあって始めたらねえ、もう、エンドレスよ。

写真がいっぱい。
どうしたらいいのかねえ。
あたしねえ、物心ついたときから引っ越してばかりの人生だったから、ものを捨てるのに躊躇がない方だと思う。
父が亡くなったときに遺品を整理して、ますます思った。
(ああ、こうやって死んだ後に他の人が片付けなきゃなんないんだ。普段から整理しておかないとな)ってね。
それに見られたら困るものをあまり残しておくというのもねえ...
だから手紙はおいておかない。写真もいらないとなるとすぐ捨てる。

でも、サッカーを描くようになって、今まで以上に写真を持つようになった。
自分でもグラウンドで撮影するようになったし、あたしが選手の写真を見て描くと知ると上手な人が撮れたものを譲ってくださるようにもなった。
たくさんの、たくさんの、駿馬たち。
たくさんの、たくさんの、思い出。

そりゃあジョカトーレも「ハニー級」になると目をつむっても描けるわよ。
何を描いてもハニーっぽくなっちゃうわよ。
でもねえ...

お若いの。
こんな年増に声をかけるのは、やっぱり話を聞いてもらいたいときなんだろ?
いいんだ、いいんだ、ごまかさなくても。
何だか最近ね、分かってきちゃったんだよ。
あたしもそういう役目をまかされるようになったんだってね、嬉しいんだよ。
でも、参ったね、そうか...辞めるのか。

みんな勘違いしてるんだ。
あたしがこんな生まれ星なもんだから、お別れには慣れてると思いこんでる。
強く受けとめられると思ってるんでしょう?
そうじゃないんだ。
いままで何度も何度も、別れをくり返してきたから、その哀しさをよく知ってる。
寂しくてやりきれない。

こんな通りすがりのサポになんでそんなにきちんと挨拶してくれるのか...
前にもおんなじことがあったよ。
やっぱりほんの短い間しかサポートしてあげられなかったのに、きちんと挨拶してくれた若いのがいてね、その時は嬉しいというより悲しかった。
(あれが最後で良いのか?あの試合で終わりで良いのか?)って。
(辞めて良いなんて、だれが言ったよ?辞めんなよ!)ってね。
今では悪いコトしたって思ってる。
きみにはなんて言葉を贈れば良いんだろう?
どうやったらきみを気持ちよく送ってあげられるんだろうねえ?

どうしたらいいのかわかんないよ。
ただ...ただ、ただ、寂しいねえ。

やはりおいていかれるのは辛いね。
あたしは旅立つ - この方がいいんだ、やっぱり。
どこまでも自由に、まだしばらくはあたしのジョカトーレを追っかけるよ。

« ヤドリギの枝の下 | トップページ | 幼年期の終わり »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/17507308

この記事へのトラックバック一覧です: ニライカナイ:

« ヤドリギの枝の下 | トップページ | 幼年期の終わり »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ