フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 夢は今も夢のままで | トップページ | 「サッカー批評」vol.37 »

2007年12月 8日 (土)

山賊と姫君

「あの方は何も盗ってはいません」
「いいや、お嬢さん、それではいかんのですよ、サッカーは。」
山賊と姫君

久しぶりにグッスリ眠った。本当、朝までグッスリ。
あたしは選手でもスタッフでもないから落ち込むだけ落ち込んで引きこもってたんだけど、昨日は子供の行事があったからノロノロ出かけた。
この5日間ほどで暴飲暴食して太ってやる!って思ってたんだけど、食欲はないし、酒も不味いし、まあ確かにトレーニングとかはやる気にならなかったんだけどね。
でも昨日も学校で「おじちゃんはだれのお父さんやの?」「おじちゃんはね、○○くんのお母さんなのよ~」ってないつものお約束な会話もあったから筋肉は落ちてないみたいだね。

やれやれ。
世界が終わっても、やっぱりお腹が空いて、眠気もあって、クリスティアーノがゴール決めたら嬉しかったりする。
いろいろとご心配をおかけしました。コメントにもお返事せず、すみませんでした。

決勝大会中はろくなもん食べれなかったからね、今週はやたら料理頑張って我ながら(ああ、美味い!料理好きで良かった!)って感動しちゃったよ。毎日弁当じゃ、本当、飽きるからね。あったかい味噌汁と炊きたてのご飯、あとは野菜炒めでもありゃ充分だ。
日本の体育施設の食環境は何とかしてもらいたいね。まともなものが食べられない。試合直後の選手がスタンドで冷たいお弁当食べているの見ると気の毒になっちゃうよ。ホームならまだ差し入れもしてあげられるけどさ、やっぱああいうときは暖かくて柔らかい汁物が良いよね。

あたしはといえば負けて帰りの新幹線、猛烈に食欲がわいてきてさ、うなぎの二段弁当とサンドイッチとミートパイとヨーグルトドリンク平らげちゃったよ。
気持ちを食べ物にぶつける、か。

アメリカにいるころバレエが好きだったのね。
日本語題名は「海賊と姫君」っていうのかな?英題は(っつーか仏語?)Le Corsaireっていう演目がある。
目にもとまらぬ足技で、海賊が私をさらっていく。

山賊にさらっていっちゃって欲しかったです。
彼らは何も盗らずにいってしまった。
好きにならないでおこうと思っていたあたしのハートだけさらって。
ずるいな~。銭形警部にお説教してもらおう。

人を慰めたり、慰められたり。
それも深く関わっていればこそ。
慰める役割を拒否される悲しさをあたしは知っている。
慰めを拒絶する寂しさもあたしは知っている。
だから今回は仕方がないと思える。
純粋に結果だけを、受けとめようとしている自分がいる。

きみの肩を抱いて空を見上げる。
泣いているのはきみか?あたしか?
顔を上げろと言ったあたしがうつむくわけにはいかないから、歯を食いしばって空を見る。
あのときは、たとえ誰が邪魔したって、きみだけは抱きしめたかった。
今は違う。
あたしを捜すきみの視線を振りきって、あたしは仲間のもとへ走る。
いまのあたしには居場所があるから。
また顔を上げろと、叫んでいる自分がいる。
偉そうに。
でも今度こそ、そうやって山賊達をみんなまとめて抱きしめる。

お姫様になんか憧れたことはない、あいにくとね。
あたしは剣をとって横に並んで闘う方を選んだ。
きみに抱かれてさらってもらおうとは思わない。
きみが泣くなら共に泣く。きみが叫ぶなら共に叫ぶ。きみが血を流すなら、あたしもこの少々勢いの有り余っている血を流そう。
そんなあたしで良いのなら、慰めてあげよう。
きみがあたしの所にくるのを待っていたりはしないけど、きみがあたしを欲しいのなら、いつでも相手をしてあげよう。

「どうしたの?励ましてくれてるの?」
「まあね。」
励まして欲しいのはきみか?あたしか?
マシンガン・ジョークできみの笑いのツボを撃ちまくる。
久しぶりに聞くきみの笑い声が愛しくてたまらない。
ほんの短い期間での濃密な関係。
繋がっていられなくてもかまわないと思った。
別れるのが辛いから、関わらないでおこうと思った。
でも、人間は淋しい生き物。
自分を分かっていてくれる人に見ていてもらいたいと思うもの。
無理して別れを急ぐ必要は、ないんだね?

山賊達を抱きしめる。
それが出来たから、2年ごしの再会があった。
きみが握った手を握り返せなかったあたし。
いまようやく、きみが差し出す手を握ることが出来た。
あたしはまた旅立たなければならない。
It's another time to say Good-bye.
でも今度は大丈夫。
きみが教えてくれた ー Love is the answer.
サッカーの神様はあたしに何度でもやり直させてくれる。

山賊があたしをさらっていく。
追いつけるものなら追いついてごらん。
あたしは逃げたりしない。
ただきみに負けないように、一生懸命走ってる。
愛しているよ、ジョカトーレ。

« 夢は今も夢のままで | トップページ | 「サッカー批評」vol.37 »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

一応、日本語タイトルでは<海賊>って言うのですが、クリスさんバレエ好きなの?バレエの中でも<海賊>は男が目立つバレエだと思ってます。派手よね。私も大好き!!
熊川哲也の<海賊は凄い!>って関係なかったです。
失礼しました!

ごめんなさい、熊川哲也は<ドンキ・ホーテ>でした。


先ほど削除しようと思ったらできないので、宜しくお願いします。

いや、まあ、熊川さん読んでないと思うし、削除すると全部消えちゃうし、いいんじゃないですか(^-^;)?
「海賊」っていうのね。はい、男性ダンサー中心の演目が好きですね。バリシニコフから入ったので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/17309656

この記事へのトラックバック一覧です: 山賊と姫君:

« 夢は今も夢のままで | トップページ | 「サッカー批評」vol.37 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ