フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« もりあがるSaturday Night♪ | トップページ | 立冬、結構、有頂天! »

2007年11月 4日 (日)

何が道を分けるのか

このままつまんなく終わるのかと思っていた清水vs明治大学の試合がものすごいことになって、すっかり興奮してしまった。
気持ちというものは相手を圧倒するのだなあと改めて思った。
続く磐田vs順天堂はジュビロの貫禄勝ち。結果だけ見ればどちらも「順当」な結果なのだけれどね。
どうも不惑を過ぎると天皇杯にはやはり色々なドラマを読み取ってしまう。
ことに個人的に関わるようになるとね。
(ひょっとしたら今ピッチで闘っているのはあたしのジョカトーレたちだったかもしれないのに)
佐川急便は負けちゃったね。お疲れ様でした。

プロと学生。日本代表と戦力外通告。エリートと雑草。
何が道を分けるのか。
同年代の彼らの、どこで道は分かれたのか。

いくらでも意地悪な見方は出来るのだろうし、いくらでも感傷的な解釈も出来るだろう。
たらればを語ればきりがない。
でも、あたしは知りたい。道の分かれ目を。

あたしのような門外漢からしてみれば、彼らは一様に美しい駿馬だ。
けれど分岐点から大きく道がそれる人もいる。新しい人生を知る人もいる。
自分を見失う者もいる。果ては転落の一途の者さえいる。

転がるボールは止められない。人生は続く。
(あのときああしていれば)(あんなことさえなければ)(あいつはああなのに)(なんでおれはこうなんだ)
何が道を分けるのか
今のきみは、幸せか?

人生は決断の結果だ。
たとえ思い通りではなくても、外からの作用の結果であっても、その時その時の判断をその後の人生引き受けていかなければならないのは自分自身だ。
どんなにその時の関係者や状況を恨んだって、だれも人生を弁償してはくれない。
誰かを恨んだり、羨んだり、そんな毎日は辛い。

サッカーの基本は「止めて蹴る」。
勢いだけでボレーシュートが決まることもあるのかもしれないけど、相手に振り回されるだけじゃ何も自分に残らない。
立ち止まって考えて自分で自分のことを決めれば後悔はない。
一つ一つを確実に決めてきたのなら、次の一蹴りも必ず打てる。
ゴールを狙うのなら叩きつけなければならない。
経験を重ねて準備が出来ていれば、迷うことなく振り抜ける。

だれか教えて欲しい。
どうしたらこのあぶなかっしい道を迷うことなく歩いていけるのか。
ずっとそう思ってきた。
だれかあきらめさせて欲しい。
叶うはずのない夢を見続けるのは辛すぎるから。
ターミネーターを探していた。

でも最近思うのだ。
結局道を探すのも、道を見つけるのも、道をたどるのも、あたし一人でしかない。
どうしようもなく不安になって前に進めないときは、今まで歩いてきた道をふり返ればいい。
立派なものでも、こぎれいなものでもないけれど、そこには確かに道がある。
そうして思い出すのだ。
その頼りない道を照らしてくれた様々な出会いを。

ああ、美しいと、なにかに初めて心から感嘆したときのことを思い出そう。
トラック・ドライバーの横に座ったお姉さんの赤い唇。
野犬に追われて迷い込んだ森の奥のレンゲ畑。
内海にポツポツと浮かぶ小島の向こうに沈んでいく夕陽。
身体ごとぶつかってきてこちらを見上げる澄んだ瞳。
心細くてボロボロなハートごと抱きしめてくれた太い腕。
ネットを突き刺すようにまっすぐ振り抜かれたきみの下腿筋の隆起。
あたしはひとりだった。けれどあたしは決してひとりではなかった。

道を分けたのは何か?
あたしに分かればとっくに思い通りの人生。
上ばかり見てないで、たまには前に進もう。
それがあたしの恩返し。

« もりあがるSaturday Night♪ | トップページ | 立冬、結構、有頂天! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/16976727

この記事へのトラックバック一覧です: 何が道を分けるのか:

« もりあがるSaturday Night♪ | トップページ | 立冬、結構、有頂天! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ