フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 地域決勝予選ラウンド終了 | トップページ | I wanna rock with you, yeah♪ »

2007年11月26日 (月)

刈谷で大暴れ

第31回全国地域リーグ決勝大会・一次ラウンドCグループ
会場・ウェーブスタジアム刈谷(愛知県)、会期・11/23-25
出場チーム:
バンディオンセ神戸(関西)、FC町田ゼルビア(関東)、静岡フットボールクラブ(東海)、ノルブリッツ北海道FC(北海道)

三戦負け無しでバンディがグループ首位!決勝ラウンド進出決定!!
http://www.jfa.or.jp/domestic/category_1/games/2007/pref_league_2007/round_2.html

というわけで、11/30-12/2、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にていよいよバンディは来季JFL昇格をかけて三連戦を闘います!相手は中国リーグのファジアーノ岡山、九州リーグのニューウェーブ北九州、そして社会人枠を勝ち上がった我等が関西リーグのライバルFC Mi-OびわこKusatsu!どこも強豪で楽な試合などないと思いますが、選手たちには力の限り頑張ってもらいたいと思います。特に初日のびわこには絶対負けたくない!2チームが決勝ラウンドに残るという結果で西リーグのレベルの高さを証明してくれたことには 感謝しますが、リーグチャンピオンはバンディなのだということを見せつけなければなりません。
(ああ、なのに、大事な初戦は行けそうにないクリス...先発部隊よ、頼んだわよ!!)

さてさて、勝って兜の緒を締めよ。でも、今は一時喜びに浸って次にしっかり進みたい。
身辺雑記を書いておこう。楽しかった刈谷を忘れないために。

大暴れ初日:

Jファミリーの車に便乗して兵庫を朝6時に出発♪
パパに鋭く突っ込まれまくりの4時間半。優しいママにおやつやジュースを頂きながら気分はすっかり「実家状態」?お二人とも本当にサッカーが好きなのね。
だって息子は出場登録どころかスタッフとして呼ばれてもいないのに、行くのよ?しかもこんなやさぐれサポ女まで連れて。素晴らしいわ。
朝からしっかりスタイリングされた28番くんの髪の毛を後ろの座席からかきむしったり首を羽交い締めにしたりしながら楽しくドライビング。地域決勝に臨もうかというのに、こんなに楽しくって良いのかしら?...なあんて思っていたら渋滞に巻き込まれて危うく遅刻するところでした。いかん、いかん。本来の目的を忘れては...

クリス本来の目的は、「高知の借りを刈谷で返す」
2年前の忘れ物をとりに来たぜ!ぜってえ勝つ!勝って決勝ラウンド行ってやる!

第一戦:vs FC町田ゼルビア   1-0でバンディの勝ち

クリス決勝大会初勝利でございます。
ガチガチにかたまって全然本来の動きじゃない山賊達。それ以上にガチガチだったゼルビアに助けられたかな?
ああ、トレーニングの成果はバッチリだよ。声が出る出る!絶好調だね。

試合後は会場に残ってHALさんと合流。
静岡FCスタッフに挨拶して、SFC応援の皆さんと対ノルブリッツ戦を観戦。
今回もちろんSFCは応援してないけど、SFCスタッフは応援してるもん!勝って良かった。
(ああ、地域リーグの中で極めて矛盾してきているあたしの立場。マジでさっさと卒業しないとヤバイし。)

宿舎に入ってしみじみと思い出す高知での初日。
しばし爆睡の後、「あき。」ちゃんと中華料理屋でお食事。
ウェイターの男の子がかわいくてますます御機嫌なクリスでした。

大暴れ二日目:

早めに会場入りしてSFC(スタッフを)激励。途中までゼルビア戦を観戦。
後半途中からバンディ応援席に移動して午後からの試合に向けての準備。
ところが、2点先制してこのままゼルビアが勝つかと思われたこの試合が終盤SFCが追いついたことによりPK戦に突入!弾幕を張ろうとスタジアム入り口で待機していたあたしたち応援団はさらに待たされるハメに。
ちなみにスタジアムの入り口ドア越しにPK戦を覗き込んでいたんだけど、これが止めたり外したりのPK合戦になって大盛り上がり。
「うわー!」とか「ああー!」とかって言いながら「こんなことになるんだねえ?」って思わず顔を見合わせた隣の人はな、なんと出場を控えたマイ・ハニー、シゲル!
(ええ~っっっ!?てっきりサポの誰かやと思ったのに~っっっ!!)
でも結局終わるまでならんで見てました。(クリス、ちょっとし・あ・わ・せ☆)
シゲルもフツーにサッカー好きの人だったんだねえ...
で、試合終了、ゼルビアの勝ち。
それはいいんだけど、この日は夜に同会場でJFL戦があるせいか係員の人から「PK実施による第2試合開始の延期はありませんので、準備なさるのなら迅速にお願いします」...って、んじゃあキックオフまで15分もないじゃんかよ!!
応援団、断幕抱えて全力疾走!!光速の段幕貼りだ!!そして終了後は息つく間もなくダッシュで応援席へ!入場を待つ選手たちの横をすり抜け2回観客席へ駆け上がる!全員がぜいぜい言いながら所定位置につくとすでに選手はピッチに入場中。
「バンディーオンセー♪」咳き込みながらも歌い出すおれたち。怒濤のキックオフだ。

第二戦: vsノルブリッツ北海道   3-1 バンディの勝ち

そんなおいらたちの「激闘」とはうらはらに試合の方はぴりっとしない立ち上がり。
それどころかノルブリッツの先制される始末。おい、おい、おい!!
あたしの脳裏には又2年前の光景が...
あの時もノルブリッツが第2戦の相手で、ここにPKで負けて予選ラウンド敗退が決まった。
(いやだ!絶対、今日は勝つ!)
山賊達の背中に向かって声を叩きつける。
最後の数分間で彼らも目覚めたか、試合をひっくり返し、2勝目。
高知の答えは自分なりに出していたつもりだけど、この日、やっと乗り越えられました。
この時点で、ゼルビアとノルブリッツの予選敗退が決まり、最終日SFCと決勝進出をかけて直接対決をすることになった。

試合終了後断幕をはがしに行こうとするとゼルビア・サポに声をかけられた。
「さっきは手伝ってもらってすみませんでした。片付け手伝いましょうか?」
試合前の横断幕貼りの時、PK戦で盛り上がっていたゼルビア・サポの作業開始が遅れたため断幕はがしを手伝ったのだ。
「いいんですよ、今は時間があるから。...PKは勝ったけど...あの、残念でしたね。」
相手のサポにチラッと涙が光っていた。
「バンディさんは絶対、勝ち上がってくださいね!」
「ありがとう」
スタジアムにはいると選手たちがストレッチしている。ヘロヘロにへたばってる人もいる。
(連戦だもんなあ。キツいだろうなあ。)と思いながら通り過ぎると山賊達があたし達に向かって拍手してくれた。輝く笑顔と一緒に。
なんだか嬉しくなって、今度は走らなくても良いのに又横断幕に向かって全力疾走。
今度は光速の断幕剥がしを披露して撤収。
係員の人達も手伝ってくれて、スタジアムからの出がけ「お疲れ様でした。あしたも勝って下さいね!」って言ってくれたの!
(そんなこと言っちゃって良いの?あなたたちは中立じゃなくて良いの?)などと思いながらも嬉しかったなあ。
「ありがとうございます!必ず勝ちます!!」

休憩した後、夜は同会場でJFL、FC刈谷vsアルテ高崎を観戦。
元SFCの水野和樹くんを応援しようとアルテ側に座る。
な、なんと水野くん、FWだったのにセンターバックやってるよ~!!でも、やっぱりハンサム~♪
試合は後期16節にもなって勝ち点6とブッちぎりの最下位なアルテがどんな風なのか心配だっけど、水野くんを中心に良く守っていたし、そんなにメタメタな風には見えなかったな。
内容はともかく結果は0-0のスコアレスドロー。なんとアルテ久々の勝ち点ゲットを目撃してしまいました。
こんな事ならもっと見に来てあげれば良かったかな?ごめんね、和樹くん。

その後は連れが「出待ち」をするというのであたしはホットココアを飲みながらFC刈谷の選手全員がホーム最終戦ということでゲート出口で観客をお見送りするのを眺めていた。
スタジアムのこちらでは寒い中、選手たちが並んでお客さん1人1人と握手したり言葉を交わしたり。
スタジアムの反対側では寒い中、選手が出て来るのを待つ女の子達。
(ああ、なんだか美しい景色だなあ)
人は人を想う。

一睡も出来ずに朝を迎えた高知二日目の夜。
爆睡の刈谷二日目の夜。

大暴れ最終日:

やはりこの日も朝から出かけてHALさんとゼルビアの練習見学。
いっちゃんに声をかける。
「地域決勝初勝利おめでとうございます。」
「まあ、予選敗退だけどね...ありがとう。」
「今日は試合、出るの?」
「出るよ。消化試合にするつもりはないよ。」
「相手のGK...同じ人だね。」
「うん。」
「リベンジしておいで。しっかり見てるから。」
「うん。」
「あたしはもう、昨日勝ったから。今日はきみが、乗り越えていくところを見せて。あたしはあの日泣いた他のサポの分全部を背負って、最後まできみを見てる。」
「うん。」
「行っといで!勝ってこい!!」
「ありがとう。」
走ってくいっちゃんに向かってスタジアム前の広場の真ん中でひとりで「アレ・ファンタジスタ」コールをやりました。いっちゃんは笑って手を振ってくれました。
お前はひとりじゃない。あたしたちがどんなにお前を愛していたか思い出せ。

ゼルビアはノルブリッツ相手に6-0と大勝し、グループ二位で予選ラウンドを終えました。
いっちゃんは前半に2得点して勝利に貢献しました。

最終戦: vs静岡FC   3-1 バンディの勝ち

「90分で終わらせるぞ!」「はい!」
応援開始前、コールリーダーが応援団に喝を入れる。
内容はトこの際どうでもいい。この予選を勝ち抜けることだけがこの一年間のおいらたちの望み。
すべてはこの日のために。

正直もう昨日の試合終了の段階で喉は潰れていたんだけどね。
喋れないけど、叫べるんだ。
腹から出すと不思議と声が出るんだ。喉は通り道でしかない。
ほとんどノンストップで叫び、歌い、跳ね続けるおいらたち。

試合終了後選手たちが応援席前まであいさつに来てくれたときはちょっとウルッときた。自分でも意外でね、旗を打ち振りながらぬぐっておいたよ。

また撤収時も係員さん達から暖かい言葉をかけてもらい、バンディ・スタッフ達と握手を交わしながら、あたしたちの刈谷ラウンドは終わった。

スタジアム外でいろんな人達と挨拶を交わす。合い言葉は、「また来週、熊谷で。」
HALさんは見つからなかった。やっぱりSFCサポなんだな。
選手たちが建物から出てくるのを拍手で迎えたりハイタッチしたり。
ああ、勝つって素晴らしい。

帰りもJパパの爆走軽バンに乗って。
高知から三宮まで、4時間泣きっぱなしだった二年前。
この日は28番とイチャイチャしつつパパのお話にママと笑いっぱなしの5時間。

サッカーの神様ありがとう。
あなたを信じ始めて、今日ほどあなたに感謝したことはない。
もう一度、チャンスをあたしに与えて下さって、ありがとうございました。
あたしはチャンスを無駄にはしなかったでしょう?乗り越えて見せたでしょう?
さあ、熊谷で恩返しをさせて下さい。
あなたに素晴らしい試合をお見せしましょう。
あたしの喉だって、ゴール裏人生だって、全部捧げます。
どうかバンディをJFLへ。

« 地域決勝予選ラウンド終了 | トップページ | I wanna rock with you, yeah♪ »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/17194169

この記事へのトラックバック一覧です: 刈谷で大暴れ:

« 地域決勝予選ラウンド終了 | トップページ | I wanna rock with you, yeah♪ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ