フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« KSLカップ・予選リーグ最終節 | トップページ | 中途半端禁止 »

2007年11月12日 (月)

なんどでも恋をする

会社員時代の先輩と、梅田でランチのぉでぇと。
18年ぶりの浦島太郎。
タイガース優勝で燃える夜の中原稿を抱えてこの街を走り回ったあの頃。
身体が壊れるまで働き、吐くまで飲み、自分を見失い、夢に破れたこの街。
中学の頃の憧れのすべてだったこの街を、あたしは結局手に入れることは出来なかった。

でも、こうして又戻ってきて、変わってしまった街並みに驚愕しながらも古い建物に懐かしさを覚えたりもする。
いつだって、励ましてくれる人や慰めてくれる人がいた。
そしていまでもそういう人達と、繋がっていられるありがたさ。

「海が見える」
帰りの電車。海に打ち付ける雨。
若い母親のむっちりとした膝の上でこどもがつぶやく。
35年前、あたしもああだっただろうか?
「大きい橋やね」
母親がこどもの柔らかい髪をなでる。
あの頃、明石海峡大橋はなかった。髪をなでられた記憶もない。
雨がやんで雲の切れ間から日が差す。
天使のはしごが淡路島に降りてくる。

地域決勝を前に、バンディオンセ神戸は淡路島でキャンプだ。
昨日は何であんなにがっかりしたんだろう?
なんだかんだと地域決勝を戦うのはAチームで、その主力達はガンバとの練習試合を引き分けた。悪い結果ではない。
バンディは強い。あたしは安心して刈谷に行けばいいだけなのに。

2年前、愛していたのに突然受けた戦力外通告。
「遠くからチームを見守って」
腹が立つはずなのに、悲しいはずなのに、どこかで(やっぱりな...)という納得もあった。
愛していいと言ったから、なりふりかまわず愛したのに、やっぱり受けとめきってはもらえなかったんだなあ...って。
お互いがお互いに遠慮して愛し合えない。
あの時仲間が励ましてくれたように、あたしの方から乗り込んでって「ちょっとどういうこと!?」って問いただせば、ただの行き違いで終わっていたかもしれない。
でも、あたしは終わらせたかったんだろう。
もう、応援していいんだろうか?追いかけていいんだろうか?愛していいんだろうか?と相手の出方を気遣いながらサポートするのに疲れていた。
わかってたはずなのに。サッカーしてる人は勝手なんだ。
それをわかっててサポートしてた。
ジョカトーレは神様の贈り物。当たり前みたいな顔して愛されてればいい。
それがあたしの幸せのはずだった。

だから最後にしようと思って高知に乗り込んだ。
ゴール裏に立つのは、高知で最後。

もう、恋なんかしない。

人間って馬鹿だね。愚かで弱くて情けない生き物。
ぶっ倒れるまで叫び続けて、涙が枯れるほど泣いて、もう応援したいチームなんて持ったりしないって思ったのに。
またあたしは地域決勝のゴール裏に戻っていく。
友達と闘いに、戻っていく。
「おめえ強えな!おらと闘え!」悟空はいいよな、気楽で。

雨がやんで虹が架かる。
あの日きみと見上げた空。
きみが蹴ったボールの軌道の先に、おなじ景色を見ていた。

「おれを応援して。」
応援していいんだね?愛していいんだね?
きみが人生賭けて追いかけている、その夢の最中のきみを、あたしは描いていいんだね?
あたしの手を握って放さないきみ。その手を握り返さない卑怯なあたし。
きみが思い出させてくれたすべてを、あたしは描かなければならなかった。
それをやり遂げるまで、あたしはきみをひとりにしてはならなかったのに。
あたしは逃げた。何もかも放り出して。
(あたしは傷つきました。あの人達があたしを傷つけました。だから隠れます。)
42年も生きてきて、なにひとつ成長していやしない。
薄暗い土手にしゃがみ込んできみのチャントを口ずさむ。
ポロポロ涙をこぼしながら。

だからもう、恋なんかしないと思ったのに、試合を見に行ってしまった。
それでも最初はスタンドで大人しく見ているだけのつもりだったのに、気がついたら立って声出して手拍子打っていた。
馬鹿なんだ、あたし。サッカーがね、好きなの。
バンディと恋に落ちてしまった。

なんであんなにがっかりしたのか。
バンディをなにかの代わりにしようとしている自分にがっかりしたんじゃないのか?
いや、そんなことはない。バンディをそんな風に見たことはない。

おそらくあたしは自意識過剰だったのだ。
あたしの応援が、なにか彼らを鼓舞するものであることを強く願いすぎていた。
だから目に見えた反応がないことに、自分の無力さを実感してガッカリしたんだ。

くったくなく夢を語ってくれるきみに、大阪で夢を見失った自分の時間が二度と取り戻せないことを認識させられた。
きみをあたしみたいにしないために、なんでもしようと思ったんだ。
そしてきみはそれを許してくれた。嬉しかったよ。
応援する喜びを、応援される喜びを、あたしたちは共有した。
あの瞬間、あたしたちはおなじ景色を見ていた。

Scan10067_2「天下獲ろうぜ」
こんな役立たずのあたしが、生きていけるのは絵があるから。
絵を描いているときだけ、世界を征服できるんじゃないかと思える。
サッカーなんて体育の授業でしかやったことのないあたしでも、きみを描いているときだけ、きみと一緒に世界を征服できるんじゃないかと思った。
きみの脚とあたしの腕。ボールと絵筆で、世界を手に入れる。
生きているってそういうことだろ?

バンディと一緒におなじ景色を見たい。
天下を獲って、JFLという景色を眺めてみたい。
「応援してください」なんて簡単に言うんじゃないよ、ぼうや。
あたしが本気になったら、ただの応援じゃ済まないんだ。

« KSLカップ・予選リーグ最終節 | トップページ | 中途半端禁止 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

生きて来て、何一つとしてそんなに激しくぶつかったこともなければ、自分出し切ったこともない、と、寂しく自分を振り返りました。

人、それぞれですから、になちゃん。
だからあたしのような感情表現をする人間に拒否反応したり受け入れられない人もいるんだと思うんです。結果あまり人には期待しないようになったんですが、まさか「チーム」にふられる事もあるとは思わなかったんでねえ...
でも大丈夫。今度は失敗しない。バンディと幸せになるから!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/17057177

この記事へのトラックバック一覧です: なんどでも恋をする:

« KSLカップ・予選リーグ最終節 | トップページ | 中途半端禁止 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ